現在の位置

アクセシビリティについて

アクセシビリティとは?

アクセシビリティ(Accessibility)という言葉は主に、「障害を持つ方も利用できるように配慮がされている状態」という意味で用いられる事が多いですが、本来は、「高齢者や障害者といった利用になんらかの制約があったり、利用するのに不慣れな方々を含め、あらゆる人が情報や機能を支障なく利用できること」意味します。池田市ホームページはこのアクセシビリティの配慮をしたウェブサイトとしてリニューアルしました。

アクセシビリティ配慮項目

プロセス・運用に関する項目

  • 企画・設計・制作・運営等で容易にアクセシビリティを維持できるよう考慮する。
    優先度1(JIS 6.1、6.2、6.3【必須】)
  • ウェブサイトに関係する者がアクセシビリティに関する情報共有を行い、知識を深める。
    優先度1(JIS 表記なし)
  • 利用者(市民)からの声を積極的に取り入れ、ウェブサイトに反映させる。
    優先度1 (JIS 6.5【必須】)

企画・設計に関する項目

  • マウスの操作に依存することなくキーボードによって全ての操作を可能にする。
    優先度1(JIS 5.3a【必須】)
  • 別ウィンドウを開くなど、利用者が困惑する手法をなるべくさける。使用する場合は利用者にわかる表示をする。
    優先度1(JIS 5.3c,d,e【必須】)
  • 色や音などに依存しないよう設計する。
    優先度1(JIS 5.4,5.5【必須】)
  • 特定のプラグイン技術やクライアントサイドスクリプト等を用いる場合、有効かどうか十分検討する。
    優先度1(JIS 5.1b【推奨】 解説3.1適用領域、適用業界)
  • ブラウザの基本的機能や操作を無効にしたり変更したりしないようにする。
    優先度1 (JIS 表記なし)

ページ制作に関する項目

  • ぺージのタイトルは、ページの内容が理解できるものを付ける。
    優先度1(JIS 5.2e【必須】)
  • 見出し、段落、リスト等の要素を用いて、文書構造を理解しやすいものにする。
    優先度1(JIS 5.2a,b,c,d【必須】)
  • ページの見栄えのために要素の誤用をせず、適切な要素を用いてページを作成する。
    優先度1 (JIS 5.2b【必須】)
  • 文字サイズやフォントを利用者が変更できるようにする。
    優先度1(JIS 5.6a【必須】)
  • 画像を使用する場合は適切な代替テキストを指定する。
    優先度1(JIS 5.4a【必須】)
  • ハイパーリンクが設定されている画像やイメージマップのリンク領域には、リンク先や動作を予測できる代替テキストを指定する。
    優先度1(JIS 5.4b【必須】)
  • データ表現のための表(テーブル)はなるべく使用しない。
    優先度1(JIS 5.2c【必須】)
  • リンクテキストは明快で理解し易いものにする。
    優先度1(JIS 5.3g【推奨】)
  • サイト内の文書構造においてメニューの位置やコンテンツの位置に一貫性をもたせて設計する。
    優先度2(JIS 5.3【推奨】)
  • フレームはできる限り使用しない。使用する場合は各フレームにわかりやすいタイトルを付け、フレームに対応していない環境においてもアクセスできるようにする。
    優先度2(JIS 5.2f【推奨】)
  • 読み上げ環境を考慮して、メニュー等をスキップできるようにする。
    優先度2(JIS 5.3h【推奨】)
  • CSSにより文字の色や背景色を指定する場合は、色の差(コントラスト)を考慮して指定する。
    優先度2(JIS 5.6c【推奨】
  • 色や形、位置などに依存した文章表現をしないようにする。
    優先度1(JIS 5.5a,b,c【必須】)
  • リンク設定がされたテキストは、リンク先のページの内容がわかるような表現を用いる。
    優先度1(JIS 5.3g【推奨】)
  • 外来語は、一般的に理解できるものを除きできるだけ使用しない。用いる場合は見栄えのためにすべての文字を大文字で表記しない。
    優先度3(JIS 5.9b【推奨】)
  • 特定機種に依存される文字を使用しない。
    優先度1(JIS 5.1a【必須】)
  • 文章には適度に見出しを付け、シンプルでわかりやすいものにする。
    優先度2(JIS 5.2a【必須】)
  • コンマや句読点で区切って多くの単語を表記するような場合は、黒丸や番号をつけたリストを使用する。
    優先度2(JIS 5.2a【必須】)
  • 同一コンテンツ内で使用する単位はできる限り統一する
    優先度1(JIS 表記なし)
  • 文字の画像化は最小限にする。装飾をする場合はCSSを用いる。
    優先度2 (JIS 表記なし)
  • 色だけに依存した表現によって情報提供を行わない。
    優先度1(JIS 5.5a,c【必須】)
  • 形や位置だけに依存した表現によって情報提供を行わない。
    優先度1 (JIS 5.5b【必須】)
  • 「しま、同心円、うずまき」のような規則的なパターン模様などは光感受性発作(光源性てんかん)を誘発する恐れがあるため使用しない。
    優先度1(JIS 5.8b【必須】)
  • 文章だけではわかりにくい内容のものは、適切なイラストや図を用いて表現する。
    優先度2 (JIS 5.9f【推奨】)
  • 文字を画像化または、フォントを指定する場合は、大きさや読み易さを十分考慮する。
    優先度1(JIS 5.6b【推奨】)
  • 背景色と前景色(文字など)には、十分なコントラストを付け、見やすさを考慮する。
    優先度1(JIS 5.5c【推奨】)
  •  PDFデータへのリンクは、PDFデータである事を明示する。またPDFデータを閲覧するために必要なソフトウェアの入手先へリンクをわかり易く表記する。
    優先度1(JIS 5.3g【推奨】)

 

優先度について

池田市ホームページのアクセシビリティで示している「優先度」は以下の考え方に基づいています。

  • 優先度1
    障害者や、高齢者がウェブサイトを閲覧する上で必要で、最優先しなければならない項目
  • 優先度2
    障害者や、高齢者がウェブサイトを閲覧する負担を軽減するために守るべき項目
  • 優先度3
    障害者や、高齢者がウェブサイトを閲覧する上で利便性向上につながるため、可能な限り守ることが望ましい項目

注意事項

各項目の優先度は今後変更する可能性があります。

対象範囲

池田市ホームページ

http://www.city.ikeda.osaka.jp/

ただしPDF等の添付ファイル、動画ファイルについては対象外とします。