現在の位置

『池田市 研究×まちづくり サロン』未来構想発表会

 『池田市 研究×まちづくり サロン』は、「池田のまち みんなまとめてテーマパーク構想」を前提に、池田市をフィールドとした新たなまちづくりを進めるため、大阪大学の学生や研究者をはじめ、地域リーダー、企業、池田市職員がチームを組成し、地域課題の解決に向けた活動を行うものです。
これまで4回ワークショップを開催し、池田市の未来について議論・共有・フィールドワーク・住民との対話等を行ってきました。
構想発表会では、このサロン活動を通じて考案された未来構想を発表いたします。
ぜひご参加ください。

『池田市 研究×まちづくり サロン』未来構想発表会

日 時

11月28日(水曜日) 15:00~18:30

場 所

池田市上下水道部庁舎3階

タイムテーブル

15:00~15:15 主催挨拶・趣旨説明

15:15~17:30 第一部 構想発表

17:30~18:30 第二部 懇談会

※タイムテーブルは変更の可能性があります。

参加登録

下記アドレスから参加申し込みをお願いします。

http://www.uic.osaka-u.ac.jp/event/3677/

詳細は下記PDFファイルをご確認ください。

『池田市 研究×まちづくり サロン』未来構想発表会(PDF:953.8KB)

池田のまち みんなまとめてテーマパーク構想について

大阪大学共創機構ホームページ

『池田市 研究×まちづくり サロン』 これまでの取組

『池田市 研究×まちづくり サロン』 これまでの取組

 

日 程

内     容

キックオフ
セッション

7月2日

(月曜日)

キックオフセッションでは、池田市長のほか、大阪大学の研究者4名、参画企業2社が登壇し、まちの未来について語りました。

第1回

ワークショップ

7月21日

(土曜日)

午前は、インプットトークとして、認定NPO法人グリーンバレーの大南信也氏から徳島県神山町の取組について共有していただきました。
午後からは、6チームに分かれ、テーマパーク構想を共有しながら、地域の課題や強みの共有とアイデアの発散を行いました。

第2回

ワークショップ

8月10日

(金曜日)

第1回目で行ったアイデアの発散を受けて、各自がこれだと思ったアイデアを共有し、その後1つのアイデアへ絞り込みを行いました。また、6チーム中3チームは、構想の中心となる現場へのフィールドワークを行いました。

第3回

中間報告

ワークショップ

9月20日

(木曜日)

各チームで議論してきた構想の中間発表を行い、現状を共有するとともに、他チームからのフィードバックを受けました。
その後、各チームでワークショップやフィールドワークを行いました。

第4回

ワークショップ

10月15日

(水曜日)

構想発表会に向け、「2030年のイメージをしっかり描けているか」、「構想がそのイメージに繋がっているか」など、構想を伝える上で大事なポイントを共有し、チームごとに最終発表会をどのような場にしたいか議論しました。

キックオフセッション

キックオフセッションの様子

ワークショップ

ワークショップの様子

ワークショップ

ワークショップの様子

中間発表

中間報告の様子

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

イベントを探す