現在の位置

更新日:2015年2月1日

危険物に関するお知らせ!

ガソリンや軽油の家庭での保管について

ガソリンの危険性について

ガソリンは気温が−40℃でも気化し、小さな火源でも爆発的に燃焼する物質です。
ガソリンの蒸気は、空気より重いため、拡散せず低所に溜まりやすく、離れたところにある思わぬ火(ライター等の裸火、静電気、衝撃の火花等)によって引火する危険性があります。

ガソリンを入れる容器について

ガソリンを入れる容器は、消防法によって一定の強度を有するとともに、材質や容量に制限があり、灯油用ポリ容器でガソリンを保存することは禁止されており、大変危険です。

  • ガソリンの成分により容器が溶け、漏れ出すことがあります。
  • 樹脂製容器は静電気が発生しやすく、給油時や開栓時に着火するおそれがあります。
  • 容器の気密性が低いため、栓などからガソリン蒸気が漏れることがあります。
  • 灯油と間違えることによって、ストーブなどへ誤って給油してしまい火災になることがあります。

(画像)ふくまるくん

お問い合わせ
池田市 消防本部 予防課
〒563-0037
池田市八王寺1丁目2番1号
電話:072-754-3511
消防本部予防課へのご意見・お問い合わせ