現在の位置

更新日:2015年12月16日

ふくまる教志塾第8回セミナー

先輩に学ぼうPART1「子ども理解」について

 日時 10月16日(金曜日)18時~20時
 場所 市庁舎7階大会議室
 内容 先輩に学ぼうPART1
 講話「子ども理解」について
    講師:山田 拓 先生(池田市立呉服小学校教諭)
            松本麻紀子先生(池田市立池田中学校養護教諭)
            光國 謙二先生(池田市教育委員会指導員)

  「ふくまる夢たまごセミナー」も8回目を迎えました。後半のメインは学校現場で活躍されている先生方の話を聞き、実践的に学ぶ「先輩に学ぼう」シリーズです。その第一回目として、「子ども理解」について、支援教育の視点で呉服小学校支援学級担任の山田先生、保健室からみる子どもの姿について池田中学校養護教諭の松本先生、また、主に学級担任、教科担任の立場から本市教育委員会の光國指導員より、それぞれ20分ずつ以下のようなお話をお聞きしました。

 

山田先生

<山田先生の講話の概要>
○まずは障がい理解を
 ・学習障害(LD)について
 ・注意欠陥多動性症候群(ADHD)について
 ・自閉症スペクトラム障害(PDD)について
○ユニバーサルデザインの視点で
 ・発達障がいをもつ子どもたち →「分かりやすく」「刺激を少なく」
  *情報の整理 *教室環境の工夫     
  *見通し  *特性にあった対応
○支援コーディネーターの活用
○その他

 

松本先生

<松本先生の講話の概要>
○保健室とは?
 ・健康管理 ・応急処置 ・保健指導 ・健康相談 等
○考えてください。あなたならどうしますか?
 「授業中、子どもが『先生、しんどいから保健室に行かせてください。』」
  ↓ いろいろな対応がある。(表情、言動 等)
○常に子どもの背景を考える 
→ いろんな角度で見る
 ・体調が悪い?    ・家で何かあった?   
 ・心配事がある?  ・サボりたい?
○どの子も充実した学校生活を送りたい
 ・「生活習慣」「心の安定」「健康」 
⇔ 保健室の役割

○その他

 

光國先生

<光國先生の講話の概要>  
○子ども理解は「何のために」?
○子ども理解は「どのようにして」?
 ・いつ、どこで
○学級担任ができること
 ・授業の工夫(一人ひとりにあった課題、アクティブラーニングやUD化)
 ・教室環境を整える(座席の配置、掲示物等の工夫)
○まとめ
 ・子どもの言動や現象の背景を知る。
 ・親しさや励ましの表現が子どもを不快にさせる場合もある。    
   【よく見て、よく聴(訊)いて、よく話す】

 それぞれの講話を聞いた後は、講師のみなさんにも参加していただき、「子ども理解」について、グループ討議をしていただきました。現場実習や教育実習に行っている塾生も多く、自分のこととして、いつも以上に真剣な討議がされていました。
 

ふくまる教志塾塾生

グループ討議

<塾生の感想から>
・松本先生のお話にもあったように、教師が子どもと向き合うことから逃げていては、子どもはそれを感じ取りますし、たとえ、その子ども以外の子どもにどんないい指導ができていたとしても教師として失格だと思います。教壇に立った時には、一人ひとりの子どもと向き合うことは大変ですが、絶対に忘れたくないことの一つです。
  また、山田先生が班別協議の時に話してくださったことで「物的環境、人的環境どちらが欠けてもいけなくて、この二つの環境によって子どもの成長は大きく変わってくる。」という言葉が印象的でした。
・現場の先生のお話を聞くことができて、今日は良い経験になりました。大学のゼミで特別支援教育についてやっているので、聞いたことがある話が多くあったものの、保健室の話はほとんど聞いたことがなく、とても新鮮でした。特に、松本先生がおっしゃっていた「荒れている学校でも、どこでも子どもは一緒。優しくされたい。」という言葉が心に残りました。本当にそうだなと感じました。
  保健室の先生のかもし出すあたたかい優しい雰囲気を私も教壇で出したいと思います。
・今日は、子ども理解について、支援学級担任、養護教諭として、現場の経験の視点から学ぶことができました。
  支援学級では、クラスの掲示物や提出物を工夫したり、今何をするのかを丁寧に説明したりすることが大切だと学びました。
  養護教諭の視点からは、子どもの背景をいろいろな角度で見ることが大切だと学びました。一つの角度からだけで決めつけるのではなく、いろいろな角度から見ようと思います。
 

塾生の発表

お問い合わせ
池田市 教育委員会 教育部 教育政策課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所5階
電話:072-754-6294
教育委員会教育部教育政策課へのご意見・お問い合わせ