現在の位置

更新日:2019年8月2日

消火器等の不適切な訪問販売・点検にご注意を!

市内にて消火器などの不適正取引事案が発生しています。

不適正取引の内容

事案1

市内の事業所に、消防設備点検に来たと突然訪問し、消火器4本を持ち帰った。その後、同日中に持ち帰った消火器と請求書を持ち再び現れ、点検をしたので代金を支払うように要求した。

事案2

市内の事業所に男性が突然訪問し、「消火器の交換に来ました。古い消火器は処分して新しいものに交換しておきます。」と半ば強引に消火器を回収し、新しい消火器を設置する。その後、消火器の処分費用及び消火器費用等を高額請求する。

あやしいな?と感じたら

  • 身分証明書等の掲示を求める。
  • その場ではっきり拒否する。
  • いかなる書面にもサインや押印をしない。

もし契約書等にサインしてしまったら

訪問販売の場合は、クーリングオフ制度が認められていますので、消費生活センター等に相談してください。

 

被害の相談は、池田警察署(電話:072−753−1234)
市消費生活センター(電話:072−753−5555)

 

(画像)悪質な消火器の訪問販売

お問い合わせ
池田市 消防本部 予防課
〒563-0037
池田市八王寺1丁目2番1号
電話:072-754-3511
消防本部予防課へのご意見・お問い合わせ