現在の位置

公的個人認証サービスについてのお知らせ

公的個人認証サービスとは

インターネットを通じて様々な行政手続の申請・届出などを行う際、他人によるなりすまし申請や通信途中で改ざんされていないことを確認するための電子証明書を提供します。

詳しくは、地方公共団体情報システム機構の公的個人認証サービスのポータルサイトをご覧ください。

公的個人認証サービスのポータルサイト(地方公共団体情報システム機構)

公的個人認証サービスを利用するには

電子証明書が搭載された個人番号カードまたは住民基本台帳カードが必要です。(電子証明書の有効期間の満了日まで利用することができます。)

新たに電子証明書が必要な方は、個人番号カードの交付申請を行っていただき、交付の際に暗証番号を入力することにより電子証明書が有効になります。(住民基本台帳カードへの電子証明書の搭載は終了しています。)

また、個人番号カードをお持ちの方で、電子証明書の搭載を希望する場合は、次のとおり申請が必要です。

申請窓口

市役所1階総合窓口課

申請に必要なもの

個人番号カード(暗証番号の入力が必要です。)

※代理人や15歳未満の方が申請される場合は、申請方法が異なりますのでお問い合わせください。

手数料

当分の間、無料

ただし、個人番号カードを再交付した場合は1回につき200円

電子証明書とは

署名用電子証明書

インターネットなどで電子文書を作成、送信する際に利用します。作成、送信された電子文書が、利用者が作成した真正なものであり、利用者が送信したものであることを証明することができます。

利用例:電子申請(e-Taxなど)

有効期限:電子証明書発行日後5回目の誕生日または個人番号カードの有効期限

注意事項:引越しや婚姻などで氏名、住所などに変更があった場合、自動的に失効します。転入届や婚姻届などの際に併せて、新しい署名用電子証明書の申請を行ってください。

利用者用電子証明書

インターネットやコンビニの端末などにログインする際に利用します。ログインした者が、利用者本人であることを証明することができます。

有効期限:電子証明書発行日後5回目の誕生日または個人番号カードの有効期限

利用例:コンビニ交付(住民票など)、マイナポータルへのログイン

住民基本台帳カードに搭載された電子証明書

インターネットなどで電子文書を作成、送信する際に利用します。作成、送信された電子文書が、利用者が作成した真正なものであり、利用者が送信したものであることを証明することができます。

有効期限:電子証明書発行日から3年間(住民基本台帳カードの有効期限とは異なります。)

利用例:電子申請(e-Taxなど)

注意事項:引越しや婚姻などで氏名、住所などに変更があった場合、自動的に失効します。失効した場合は、個人番号カードの交付申請を行っていただき、署名用電子証明書を搭載してください。

お問い合わせ
池田市 市民生活部 総合窓口課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所1階
電話:072-754-6243
市民生活部総合窓口課へのご意見・お問い合わせ