現在の位置

パスポート申請について

取扱い業務

一般旅券の

  • 新規申請(切替新規・訂正新規を含む)
  • 記載事項変更旅券申請(現在お持ちのパスポートの残っている有効期間で発行)
  • 査証欄増補申請
  • 紛失等届出

 

申請できるかた

  • 日本国籍を有し、池田市及び豊能町に住民登録をしているかた
  • 日本国籍を有し、池田市及び豊能町以外に住民登録しているが、池田市及び豊能町に居所があり、それらを証明できるかた

 

申請・受取の受付日時

  • 申請は、平日(月曜日から金曜日)午前9時から午後4時30分まで
    土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日)は休みです。
  • 受取は、平日(月曜日から金曜日)午前9時から午後5時15分まで
    土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日の)は休みです。


(注意事項)  本市で申請された方は、本市での受け取りとなります。(大阪府パスポートセンターで受け取ることができません。 夜間や休日に受け取りを希望される方は、従来どおり大阪府パスポートセンターで申請してください。)

申請・受取場所

市役所 1階 総合窓口課 パスポート申請・受取窓口(電話 072−752−1330

申請書の配布について

「一般旅券発給申請書」(10年用・5年用)は、下記の場所で配布しています。

  • 市役所 1階 総合窓口課(パスポート申請窓口)
  • 石橋プラザ

「一般旅券発給申請書」(10年用・5年用)以外の申請書(記載事項変更旅券申請・増補)及び届出書(紛失)は、総合窓口課(パスポート申請窓口)でお渡しします。

申請から受取までの所要日数(申請日を含めて)

 

申請から受取までの所要日数
新規申請(切替新規・訂正新規・記載事項変更旅券を含む)

10開庁日

査証欄増補申請

6開庁日

  • 土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)は開庁日に含みません。
  • 提出書類に不備があった場合、さらに日数がかかります。
  • 交付(受取)は年齢に関係なく必ず申請者本人がお越しください。代理人は受け取りできません。
  • 交付(受取)の際は、申請時にお渡しする旅券引換書および手数料が必要になります。
  • 旅券引換書に記載された交付予定日が来たら、お早めに受け取りにお越し下さい。パスポートは、発行日から6か月以内に受け取らないと失効しますのでご注意ください。

 

手数料

 

手数料
申請の種類

大阪府証紙

収入印紙

合計

新規申請(10年間有効・20歳以上)

2,000円

14,000円

16,000円

新規申請(5年間有効・12歳以上)

2,000円

9,000円

11,000円

新規申請(5年間有効・12歳未満)

2,000円

4,000円

6,000円

記載事項変更旅券申請

2,000円

4,000円

6,000円

査証欄増補申請

500円

2,000円

2,500円

  • 手数料は交付(受取)の際に大阪府証紙と収入印紙で納めてください。
    (市役所1階 パスポート受取窓口で購入できます。)
  • 年齢はパスポート申請時における申請者の満年齢です。
  • 年齢は「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。年齢は誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。このため、12歳未満の申請は12回目の誕生日の前々日までに申請を行ったかたに適用されます。

 

大阪府パスポートセンターでの申請・交付(受取)について

池田市でもパスポートの申請・交付(受取)の手続きを行えるようになりましたが、次の場合は、大阪府パスポートセンターで手続きを行っていただく必要があります。詳しくは、大阪府パスポートセンター(電話06−6944−6626)にお問い合わせください。

  • 外務省と協議を行う必要のある特殊な案件
  • 業務上等の理由により、旅券を早期に発給する必要がある場合
    大阪府パスポートセンターでの申請から交付(受取)までの所要日数は、新規申請(切替新規・ 訂正新規・記載事項変更旅券を含む)6開庁日、査証欄増補申請2開庁日(いずれも土曜日、日曜日、 祝休日、年末年始は含みません。)
  • 申請者が、池田市以外で就労または就学している等の理由により、市の受付時間内に交付を受けることが困難な場合
  • 学校から団体申請を行う場合
  • 刑罰等関係に該当する場合

 

初めてパスポートを申請するかた(新規申請)

新規申請の対象者

  • 初めてパスポートを申請するかた
  • すでに有効期限切れの失効したパスポートをお持ちで、新たに申請するかた
  • 帰国のための渡航書をお持ちで、新たにパスポートを申請するかた

新規申請にあたって

  • 申請者が記入すべき箇所は全て申請者ご本人が記入してください。
  • 申請者に代わって代理人が申請書類を提出することもできます。この場合、申請書裏面の下段の「申請書類等提出委任申出書」に記入が必要です。申請者記入欄は申請者ご本人が記入し、代理人は、引受人記入欄に記入してください。(ただし、親権者や後見人による代理申請の場合は不要)
  • 未成年者や成年被後見人が申請する場合は、申請書裏面の中段の「法定代理人(親権者、後見人など)署名」欄に親権者や後見人の署名が必要です。

 必要書類

一般旅券発給申請書 1通

  • 申請日に満20歳以上のかたは、10年用と5年用のどちらかを選択して申請できます。
  • 申請日に満20歳未満のかたが申請できるのは、5年用のみです。
  • 申請書は機械で読み取りますので、折ったり汚したりしないでください。
  • 年齢は「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。年齢は誕生日の前日に1歳加算され、20回目の誕生日の前日に20歳となります。このため、20歳未満の申請は20回目の誕生日の前々日までに申請を行ったかたに適用されます。

戸籍謄本(全部事項証明書)または戸籍抄本(個人事項証明書) 1通

  • 最新の記載内容で発行日から6か月以内の原本
  • 同一戸籍内の家族2名以上のかたが同時に申請する場合は、申請者全員が記載されている戸籍謄本(全部事項証明書)1通で兼ねることもできます。ただし、必要書類等に不備がある場合は、そのかたは受付できません。
  • 戸籍謄本(全部事項証明書)等が2枚以上で綴られているものは、切り離さずそのままお持ちください。申請者の分だけ切り離してしまうと無効となります。
  • 戸籍謄本(全部事項証明書)等は本籍地に請求してください。本籍地が遠方の場合は郵送で請求することもできますので、本籍地のある市町村に問い合せてください。

写真 1枚 (貼らずにお持ちください。)

  • 縦4.5センチメートル×横3.5センチメートル (顔の寸法は、頭頂からあごまで3.2センチメートル〜3.6センチメートル)
  • 申請者本人のみを撮影したもの(乳幼児についても本人のみ)
  • 6か月以内に撮影されたもの
  • ふちなし、無帽、無背景で規格に合ったもの
  • カラーでも白黒でも可

前回取得のパスポート

 期限切れのものでも必ずお持ちください。パスポートを持参されなかった場合は、旅券発行履歴の確認をするため手続きに時間がかかります。

本人確認書類

  • 必ず原本を提示してください。
  • 本人確認書類の記載内容(氏名、ふりがな、性別、生年月日、住所等)は、申請書と一致している必要があります。
  • 代理提出の場合は、申請者と代理人の両方の本人確認書類が必要です。

1点でよい書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 日本国旅券(失効後6か月以内のものを含む)
  • 写真付き身体障害者手帳(写真貼り替え防止がなされているもの)
  • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に発行されたものに限ります)
  • 船員手帳
  • 海技免状
  • 小型船舶操縦免許証
  • 宅地建物取引主任者証(平成27年4月1日以降「宅地建物取引士証」)
  • 無線従事者免許証
  • 認定電気工事従事者認定証
  • 官公庁発行の写真付き職員身分証明書
  • 猟銃・空気銃所持許可証など

2点必要な書類(AとBから1点ずつ、またはAから2点)

A

  • 健康保険被保険者証
  • 国民健康保険被保険者証
  • 船員保険被保険者証
  • 共済組合員証
  • 国民年金・厚生年金の年金手帳または年金証書
  • 船員保険、共済年金、恩給の証書
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 実印と印鑑登録証明書(発行日から6か月以内)のセット
  • 介護保険被保険者証

B

  • 源泉徴収票(直近のもので氏名が記載されているもの。公的機関が発行しているもの以外は不可)
  • 住民税課税・非課税(又は所得)証明書(直近のもの)
  • 雇用保険被保険者証
  • 失効後6か月を超える日本国旅券(氏名及び写真で申請者が確認できるもの)
  • その他写真付き身分証明書(学生証、社員証、危険物取扱免状など)

特別な場合に必要となるその他の書類

  • 池田市及び豊能町に住民登録をしているかたは、住民票は不要ですが、池田市及び豊能町以外に住民登録をしているが、池田市及び豊能町に居所があるかたは、住民票(6か月以内に発行されたものでマイナンバーの表記のないもの)1通および居所を証明する下記の書類も必要となります。
  • 「帰国のための渡航書」で帰国された場合は、「帰国のための渡航書」をお持ちください。

  • 代理提出の場合は、申請者と代理人の両方の本人確認書類が必要です。

 居所を証明する書類の例

  • 学生、生徒など
    居所が記載された学生証、在学証明書など
  • 長期出張者・単身赴任者など
    居所が記載された会社発行の身分証明書、居所証明書など
  • 船員(寄港地上陸の船員)
    船員手帳、居所(停泊地)を証明する船長証明書など
  • その他
    居所記載のある運転免許証、健康保険証、郵便物、賃貸契約書その他居所記載のある証明書

申請から交付(受取)までの所要日数(申請日を含めて)

申請から交付(受取)までの所要日数(申請日を含めて)

新規申請(切替新規・訂正新規を含む)

10開庁日

 

  • 土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)は、開庁日に含みません。
  • 提出書類に不備等があった場合、さらに日数がかかります。
  • 交付(受取)は年齢に関係なく必ず申請者本人がお越しください。代理人は受け取りできません。
  • 交付(受取)の際は、申請時にお渡しする旅券引換書および手数料が必要になります。
  • 旅券引換書に記載された交付予定日が来たら、お早めに受け取りにお越しください。パスポートは、発行日から6か月以内に受け取らないと失効しますのでご注意ください。

 手数料

手数料
申請の種類

大阪府証紙

収入印紙

合計

新規申請(10年間有効・20歳以上)

2,000円

14,000円

16,000円

新規申請(5年間有効・12歳以上)

2,000円

9,000円

11,000円

新規申請(5年間有効・12歳未満)

2,000円

4,000円

6,000円

  • 手数料は交付(受取)の際に大阪府証紙と収入印紙で納めてください。(市役所1階パスポート受取窓口で購入できます。)
  • 年齢はパスポート申請時における申請者の満年齢です。
  • 年齢は「年齢計算に関する法律」(明治35年法律50号)により決まります。年齢は誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。このため、12歳未満の申請は12回目の誕生日の前々日までに申請を行ったかたに適用されます。

 

有効なパスポートをお持ちのかた(切替新規申請)

切替新規申請とは

有効なパスポートをお持ちで、氏名・本籍地などの記載事項に変更がない場合で、下記の「切替新規申請できる場合」に該当するときは、そのパスポートを返納したうえで、新たに発給申請(切替申請)をすることができます。

切替新規申請ができる場合

  • パスポートの残り有効期間が1年未満の場合
  • パスポートの残り有効期間が1年以上であるが、就労や留学等で長期滞在する見込みがある場合(赴任命令書や入学許可証・VISA証明書などを持参してください。)
  • 有効なパスポートが損傷(汚れたり、破れたり、水に濡れたなど)した場合
  • IC旅券でない旅券からIC旅券に切り替える場合
  • 査証欄の余白が残り少なくなった場合(なお、新しく作りなおす「切替新規」と、お持ちのパスポートに査証欄だけを増やす「増補」の2通りの方法があります。)
  • IC旅券のICが故障し、新たにIC旅券に切り替えたい場合(なお、ICが故障しても有効期間内は使用できます。)

切替新規申請にあたって

  • 申請者が記入すべき箇所は全て申請者ご本人が記入してください。
  • 申請者に代わって代理人が申請書類を提出することもできます。この場合、申請書裏面の下段の「申請書類等提出委任申出書」に記入が必要です。申請者記入欄は申請者ご本人が記入し、代理人は、引受人記入欄に記入してください。(ただし、親権者や後見人による代理申請の場合は不要)
  • 有効なパスポートが著しく損傷した場合は、代理人による手続きはできませんので、必ず申請者ご本人がお越しください。
  • 未成年者や成年被後見人が申請する場合は、申請書裏面の中段の「法定代理人(親権者、後見人など)署名」欄に親権者や後見人の署名が必要です。
  • 残っている有効期間は、新しいパスポートに繰り越さずに失効し、旅券番号も変わります。

必要書類

有効なパスポート

  • 持参されなかった場合は、申請の受付はできません。
  • パスポートは無効(VOID)処理し、新しいパスポートを交付(受取)するときにお返しします。

一般旅券発給申請書 1通

  • 申請日に満20歳以上のかたは、10年用と5年用のどちらかを選択して申請できます。
  • 申請日に満20歳未満のかたが申請できるのは、5年用のみです。
  • 申請書は機械で読み取りますので、折ったり汚したりしないでください。
  • 年齢は「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。年齢は、誕生日の前日に1歳加算され、20回目の誕生日の前日に20歳となります。このため、20歳未満の申請は、20回目の誕生日の前々日までに申請を行ったかたに適用されます。

写真 1枚 (貼らずにお持ちください。)

  • 縦4.5センチメートル×横3.5センチメートル  (顔の寸法、頭頂からあごまで3.2センチメートル〜3.6センチメートル)
  • 申請者本人のみを撮影したもの(乳幼児についても本人のみ)
  • 6か月以内に撮影されたもの
  • ふちなし、無帽、無背景で規格に合ったもの
  • カラーでも白黒でも可

特別な場合に必要となるその他の書類

  • 池田市及び豊能町に住民登録をしているかたは、住民票は不要ですが、池田市及び豊能町以外に住民登録をしているが、池田市及び豊能町に居所があるかたは、住民票(6か月以内に発行されたものでマイナンバーの表記のないもの)1通および居所を証明する下記の書類も必要となります。
  • 有効なパスポートが著しく損傷した場合は、戸籍謄本(全部事項証明書)または戸籍抄本(個人事項証明書)(最新の記載内容で発行日から6か月以内のもの)1通、旅券損傷理由書(市役所総合窓口課でお渡しします。)、本人確認書類等が必要となる場合がありますので、総合窓口課にお問い合わせください。
  • 代理提出の場合は、代理人の本人確認書類が必要です。

 居所を証明する書類の例

  • 学生、生徒など
    居所が記載された学生証、在学証明書など
  • 長期出張者・単身赴任者など
    居所が記載された会社発行の身分証明書、居所証明書など
  • 船員(寄港地上陸の船員)
    船員手帳、居所(停泊地)を証明する船長証明書など
  • その他
    居所記載のある運転免許証、健康保険証、郵便物、賃貸契約書その他居所記載のある証明書

申請から交付(受取)までの所要日数(申請日を含めて)

申請から交付(受取)までの所要日数(申請日を含めて)
切替新規申請

10開庁日

 

  • 土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)は、開庁日に含みません。
  • 提出書類に不備があった場合は、さらに日数がかかります。
  • 交付(受取)は年齢に関係なく必ず申請者本人がお越しください。代理人は受け取りできません。
  • 交付(受取)の際は、申請時にお渡しする旅券引換書および手数料が必要になります。
  • 旅券引換書に記載された交付予定日が来たら、お早めに受け取りにお越しください。パスポートは、発行から6か月以内に受け取らないと失効しますのでご注意ください。

手数料

手数料
申請の種類

大阪府証紙

収入印紙

合計

切替新規申請(10年間有効・20歳以上)

2,000円

14,000円

16,000円

切替新規申請(5年間有効・12歳以上)

2,000円

9,000円

11,000円

切替新規申請(5年間有効・12歳未満)

2,000円

4,000円

6,000円

  • 手数料は交付(受取)の際に、大阪府証紙と収入印紙で納めてください。(市役所1階パスポート受取窓口で購入できます。)
  • 年齢はパスポート申請時における申請者の満年齢です。
  • 年齢は「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。年齢は誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。このため、12歳未満の申請は、12回目の誕生日の前々日までに申請を行ったかたに適用されます。

 

氏名・本籍地等変更により新しく作るかた(訂正新規申請)

訂正新規申請にあたって

  • 残っている有効期間は、新しいパスポートに繰り越さずに失効し、旅券番号も変わります。
  • 同じ都道府県内で本籍地を変更した場合、手続きは不要です。
  • 申請者が記入すべき箇所は、全て申請者ご本人が記入してください。
  • 申請者に代わって代理人が申請書類を提出することもできます。この場合、申請書裏面の下段の「申請書類等提出委任申出書」に記入が必要です。申請者記入欄は申請者ご本人が記入し、代理人は、引受人記入欄に記入してください。(ただし、親権者や後見人による代理申請の場合は不要)
  • 有効なパスポートが著しく損傷した場合は、代理人による手続きはできませんので必ず申請者ご本人がお越しください。
  • 未成年者や成年被後見人が申請する場合は、申請書裏面の中段の「法定代理人(親権者、後見人など)署名」欄に親権者や後見人の署名が必要です。

必要書類

有効なパスポート

  • 持参されなかった場合は、申請の受付はできません。
  • パスポートは無効(VOID)処理し、新しいパスポートを交付(受取)するときにお返しします。

一般旅券発給申請書 1通

  • 申請日に満20歳以上のかたは、10年用と5年用のどちらかを選択して申請できます。
  • 申請日に満20歳未満のかたが申請できるのは、5年用のみです。
  • 申請書は機械で読み取りますので、折ったり汚したりしないでください。
  • 年齢は「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。年齢は、誕生日の前日に1歳加算され、20回目の誕生日の前日に20歳となります。このため、20歳未満の申請は、20回目の誕生日の前々日までに申請を行ったかたに適用されます。

戸籍謄本(全部事項証明書)または戸籍抄本(個人事項証明書) 1通

  • 最新の記載内容で発行日から6か月以内の原本
  • 同一戸籍内の家族2名以上のかたが同時に申請する場合は、申請者全員が記載されている戸籍謄本(全部事項証明書)1通で兼ねることができます。ただし、必要書類等に不備がある場合は、そのかたは受け付けできません。
  • 戸籍謄本(全部事項証明書)等が2枚以上で綴られているものは、切り離さずそのままお持ちください。申請者の分だけ切り離してしまうと無効になります。
  • 戸籍謄本(全部事項証明書)等は本籍地に請求してください。本籍地が遠方の場合は郵送で請求することもできますので、各市町村に問い合わせてください。

写真 1枚 (貼らずにお持ちください。)

  • 縦4.5センチメートル×横3.5センチメートル (顔の寸法、頭頂からあごまで3.2センチメートル〜3.6センチメートル)
  • 申請者本人のみを撮影したもの(乳幼児についても本人のみ)
  • 6か月以内に撮影されたもの
  • ふちなし、無帽、無背景で規格に合ったもの
  • カラーでも白黒でも可

特別な場合に必要となるその他の書類

  • 池田市及び豊能町に住民登録をしているかたは、住民票は不要ですが、池田市及び豊能町以外に住民登録をしているが、池田市及び豊能町に居所があるかたは、住民票(6か月以内に発行されたものでマイナンバーの表記のないもの)1通および居所を証明する下記の書類も必要となります。
  • 有効なパスポートが著しく損傷した場合は、旅券損傷理由書(総合窓口課でお渡ししています。)、本人確認書類等が必要となる場合がありますので、総合窓口課にお問い合わせください。
  • 国際結婚により、配偶者の姓を別名として併記する場合は、配偶者のパスポートまたは外国政府発行の婚姻証明書等が必要です。
  • 代理提出の場合は、代理人の本人確認書類が必要です。

 居所を証明する書類の例

  • 学生、生徒など
    居所が記載された学生証、在学証明書など
  • 長期出張者・単身赴任者など
    居所が記載された会社発行の身分証明書、居所証明書など
  • 船員(寄港地上陸の船員)
    船員手帳、居所(停泊地)を証明する船長証明書など
  • その他
    居所記載のある運転免許証、健康保険証、郵便物、賃貸契約書その他居所記載のある証明書

申請から交付(受取)までの所要日数(申請日を含めて)

申請から交付(受取)までの所要日数(申請日を含めて)
訂正新規申請

10開庁日

 

  • 土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)は、開庁日に含みません。
  • 提出書類に不備等があった場合、さらに日数がかかります。
  • 交付(受取)は年齢に関係なく必ず申請者本人がお越し下さい。代理人は受け取りできません。
  • 交付(受取)の際は、申請時にお渡しする旅券引換書および手数料が必要になります。
  • 旅券引換書に記載された交付予定日が来たら、お早めに受け取りにお越しください。パスポートは、発行日から6か月以内に受け取らないと失効しますのでご注意ください。

手数料

 

手数料
申請の種類

大阪府証紙

収入印紙

合計

訂正新規申請(10年間有効・20歳以上)

2,000円

14,000円

16,000円

訂正新規申請(5年間有効・12歳以上)

2,000円

9,000円

11,000円

訂正新規申請(5年間有効・12歳未満)

2,000円

4,000円

6,000円

  • 手数料は交付(受取)の際に、大阪府証紙と収入印紙で納めてください。(市役所 1階パスポート受取窓口で購入できます。)
  • 年齢はパスポート申請時における申請者の満年齢です。
  • 年齢は「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。年齢は,誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。このため、12歳未満の申請は、12回目の誕生日の前々日までに申請を行ったかたに適用されます。

 

現在有効なパスポートをお持ちで、氏名・本籍地等変更されたかた(記載事項変更旅券申請)

記載事項変更旅券申請にあたって

  • 現在、お持ちの有効なパスポートの氏名・本籍等に変更があったかたは、お持ちのパスポートを返納の上、返納されたパスポートの残っている有効期間で発行し、旅券番号も変わります。
  • 同じ都道府県内で本籍地を変更した場合、手続きは不要です。
  • 「性別」を変更した場合も、記載事項変更旅券申請を行っていただく必要があります。
  • すでに「訂正旅券」をお持ちのかたは、再び記載事項に変更が生じていなければ、これを記載事項変更旅券に切り替えることはできません。
  • 現在、すでに「訂正旅券」をお持ちのかたにおかれましても、法改正施行後も引き続
    き、有効期間満了日までご使用いただけます。
  • 申請者が記入すべき箇所は、すべて申請者ご本人が記入してください。
  • 未成年者や成年被後見人が申請する場合は、申請書裏面の中段の「法定代理人(親権者、後見人など)署名」欄に親権者や後見人の署名が必要です。

必要書類

有効なパスポート

  • 持参されなかった場合は、申請の受付はできません。
  • パスポートは無効(VOID)処理し、新しいパスポートを交付(受取)するときにお返しします。

記載事項変更旅券申請書 1通

申請書は、総合窓口課(パスポート申請窓口)でお渡しします。

  • 申請書は機械で読み取りますので、折ったり汚したりしないでください。
  • 年齢は「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。年齢は誕生日の前日に1歳加算されます。

戸籍謄本(全部事項証明書)または戸籍抄本(個人事項証明書) 1通

  • 最新の記載内容で発行日から6か月以内の原本
  • 同一戸籍内の家族2名以上のかたが同時に申請する場合は、申請者全員が記載されている戸籍謄本(全部事項証明書)1通で兼ねることもできます。ただし、必要書類等に不備がある場合は、そのかたは受け付けできません。
  • 戸籍謄本(全部事項証明書)等が2枚以上で綴られているものは、切り離さずそのままお持ちください。申請者の分だけ切り離してしまうと無効となります。
  • 戸籍謄本(全部事項証明書)等は本籍地に請求してください。本籍地が遠方の場合は,郵送で請求することもできますので、各市町村に問い合せてください。

写真 1枚 (貼らずにお持ちください。)

  • 縦4.5センチメートル×横3.5センチメートル (顔の寸法、頭頂からあごまで3.2センチメートル〜3.6センチメートル)
  • 申請者本人のみを撮影したもの(乳幼児についても本人のみ)
  • 6か月以内に撮影されたもの
  • ふちなし、無帽、無背景で規格に合ったもの
  • カラーでも白黒でも可

特別な場合に必要となるその他の書類

  • 池田市及び豊能町に住民登録をしているかたは、住民票は不要ですが、池田市及び豊能町以外に住民登録をしているが、池田市及び豊能町に居所があるかたは、住民票(6か月以内に発行されたものでマイナンバーの表記のないもの)1通および居所を証明する下記の書類も必要となります。
  • 国際結婚により配偶者の姓を別名として追記する場合は、配偶者のパスポートまたは外国政府発行の婚姻証明書等が必要です。
  • 代理提出の場合は、代理人の本人確認書類が必要です。

 居所を証明する書類の例

  • 学生、生徒など
    居所が記載された学生証、在学証明書など
  • 長期出張者・単身赴任者など
    居所が記載された会社発行の身分証明書、居所証明書など
  • 船員(寄港地上陸の船員)
    船員手帳、居所(停泊地)を証明する船長証明書など
  • その他
    居所記載のある運転免許証、健康保険証、郵便物、賃貸契約書その他居所記載のある証明書

申請から交付(受取)までの所要日数(申請日を含めて)

申請から交付(受取)までの所要日数(申請日を含めて)
記載事項変更旅券申請

10開庁日

 

  • 土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)は、開庁日に含みません。
  • 提出書類に不備等があった場合、さらに日数がかかります。
  • 交付(受取)は年齢に関係なく必ず申請者本人がお越し下さい。代理人は受け取りできません。
  • 交付(受取)の際は、申請時にお渡しする旅券引換書および手数料が必要になります。
  • 旅券引換書に記載された交付予定日が来たら、お早めに受け取りにお越しください。パスポートは、発行日から6か月以内に受け取らないと失効しますのでご注意ください。

手数料

手数料
申請の種類

大阪府証紙

収入印紙

合計

記載事項変更旅券申請

2,000円

4,000円

6,000円

  • 手数料は交付(受取)の際に、大阪府証紙と収入印紙で納めてください。(市役所1階パスポート受取窓口で購入できます。)

 

査証欄を増やしたいとき(査証欄増補申請)

査証欄増補申請とは

有効なパスポートの査証欄がスタンプ等で余白が少なくなった場合、査証欄を増やすことができます。

査証欄増補申請にあたって

  • 査証欄を増やすことができるのは、1回のみです。
  • 増やすページ数は40ページです。
  • パスポートを新規申請するときに、同時に増補申請し、あらかじめ査証欄を増やしておくこともできます。
  • 損傷したパスポートや査証欄の最終2ページに有効ビザがある場合は、増補できないことがあります。
  • 代理人による申請書類等の提出が可能です。
  • 未成年者や成年被後見人が申請する場合は、申請書の「法定代理人(親権者、後見人など)署名」欄に親権者や後見人の署名が必要です。

必要書類

有効なパスポート

持参されなかった場合は、申請の受付はできません。

一般旅券査証欄増補申請書 1通

申請書は、総合窓口課(パスポート申請窓口)でお渡ししています。

申請から交付(受取)までの所要日数(申請日を含めて)

申請から交付(受取)までの所要日数(申請日を含めて)
査証欄増補申請

6開庁日

 

  • 土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)は、開庁日に含みません。
  • 提出書類に不備があった場合、さらに日数がかかります。
  • 交付(受取)の際は、申請時にお渡しした旅券引換書および手数料が必要になります。
  • 増補申請は、代理人によるパスポートの受け取りが可能です。申請時にお渡しする旅券引換書の「代理申請のための委任状」に、必ずパスポートの所持人自身が必要事項を記入してください。受け取りの際は代理人の本人確認書類が必要です。
  • 旅券引換書に記載された交付予定日が来たら、お早めに受け取りにお越しください。パスポートは、発行日から6か月以内に受け取らないと失効しますのでご注意ください。

手数料

 

手数料
申請の種類

大阪府証紙

収入印紙

合計

査証欄増補申請

500円

2,000円

2,500円

  • 手数料は交付(受取)の際に、大阪府証紙と収入印紙で納めてください。(市役所1階 パスポート受取窓口で、購入できます)

 

有効なパスポートを紛失または焼失したとき(紛失届)

有効なパスポートを紛失または焼失したとき

必ずパスポートの所持者ご本人がお越しになり、紛失届を提出してください。この届出により、パスポートは失効となります。

紛失届にあたって

  • 代理人による提出はできません。必ず本人による提出が必要です。(名義人が乳幼児であってもご本人が窓口にお越しにならないと紛失届は受付できません。)
  • 未成年者や成年被後見人が申請する場合は、申請書裏面の「法定代理人(親権者、後見人など)署名」欄に親権者や後見人の署名が必要です。
  • 新たにパスポートの発給を申請する場合は、紛失届と同時に新規申請することができます。
  • 一旦、紛失届をするとすぐに失効になりますので、パスポートが発見されても取り下げはできません。
  • 紛失届の受け付けの際、発行履歴の確認及び本人確認を慎重に行うため、手続きに
    長時間かかることがありますので、時間に余裕をもってお越しください。

必要書類

紛失一般旅券等届出書 1通

届出書は、総合窓口課(パスポート申請窓口)でお渡ししています。

写真1枚または2枚

  • 紛失届のみは1枚、紛失届と同時に新たにパスポートを申請する場合は2枚、いずれも貼らずにお持ちください。
  • 縦4.5センチメートル×横3.5センチメートル (顔の寸法、頭頂からあごまで3.2センチメートル〜3.6センチメートル)
  • 申請者本人のみを撮影したもの(乳幼児についても本人のみ)
  • 6か月以内に撮影されたもの
  • ふちなし、無帽、無背景で規格に合ったもの
  • カラーでも白黒でも可

本人確認書類

  • 必ず原本を提示してください。
  • 本人確認書類の記載内容(氏名、ふりがな、性別、生年月日、住所等)は、申請書と一致している必要があります。

紛失(り災)証明書・・・警察署、消防署等が発行したもの

  • 盗難の場合は、必ず最寄の警察署等へ届け出てください。(届出日、届出先、届出受理番号が必要です。)
  • 警察署への届出をしていない場合や、紛失(り災)証明書の入手が困難な場合は、紛失の経過等を記入した経緯説明書(総合窓口課でお渡ししています)の提出が必要です。

紛失新規申請
紛失届と同時に新たにパスポートを申請する場合は、紛失届に必要な書類に加えて、通常の「新規申請」に必要な書類一式と写真がもう1枚(合計2枚)必要となります。

刑罰等関係に該当する場合

池田市では申請できません

一般旅券発給申請書の「刑罰等関係」欄は、旅券法第13条の「一般旅券の発給等の制限」に関係する重要な事項です。「刑罰等関係」欄の中から「はい」が一つでもある場合は、別途手続きが必要となりますので、池田市では申請できません。大阪府パスポートセンターにご相談ください。

刑罰等関係のお問合せ先

大阪府パスポートセンター本所

大阪市中央区大手前3−1−43 大阪府庁新別館南館

電話 06−6944−6626
月曜日から金曜日の午前9時15分から午後5時まで(祝日、休日、年末年始を除く)

 

パスポート申請等に関するお問い合わせ先

総合窓口課(パスポート専用窓口)

563−8666 池田市城南1丁目1番1号 池田市役所 1階

電話:072−752−1330

関連リンク

大阪府パスポートセンター(外部サイトへリンク)

外務省パスポートAtoZ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ
池田市 市民生活部 総合窓口課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所1階
電話:072-754-6243
市民生活部総合窓口課へのご意見・お問い合わせ