現在の位置

更新日:2017年1月20日

国民年金の保険料免除制度について

申請免除

 第1号被保険者で、保険料の納付が経済的に困難な場合に、申請により保険料の全額または一部(4分の3、半額、4分の1のいずれか)の納付が免除される制度、もしくは50歳未満の方については、保険料の納付が猶予される制度(納付猶予制度)です。

 それぞれ異なる基準での所得審査があります。

 注意事項:学生の方は、申請免除制度を利用できませんので、「学生納付特例制度」を利用してください。

対象者

 全額免除・一部免除:本人・配偶者・世帯主がそれぞれ所得基準を満たす方

 納付猶予:50歳未満で、本人・配偶者がそれぞれ所得基準を満たす方

所得基準

 審査対象者全員の前年所得が、以下の計算式で計算した金額の範囲内であることが条件です。

全額免除

 (扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

4分の3免除

 78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

半額免除

 118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

4分の1免除

 158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

納付猶予制度

 (扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

 所得審査の詳細については、年金事務所へお問い合わせください。

窓口

 国保・年金課へ届出してください。

提出書類等

 申請に必要な書類については、事前にお問い合わせください。

 

学生納付特例

 所得がない学生の方が、将来、年金を受け取ることができなくなることや、不慮の事故等により障害が残ってしまった場合に、障害基礎年金を受けることができなくなること等を防止するため、申請により保険料の納付が猶予される制度です。

対象者

 大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校及び各種学校その他の教育施設、個別に定めるものを除く各種学校で修業年限が1年以上の課程に在学する学生等(夜間、通信教育の課程を含む)であって、本人が所得基準を満たす方

所得基準

 本人の前年所得が、以下の計算式で計算した金額の範囲内であることが条件です。

 118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等

窓口

 国保・年金課へ届出してください。

提出書類等

 申請に必要な書類については、事前にお問い合わせください。

 

法定免除

 国民年金法に定めのある項目に該当した場合に、届出することでその期間の保険料の納付が免除される制度です。

対象者

 次のいずれかに該当する方

  1. 障害基礎年金、その他の障害を事由として支給する年金給付を受けているとき(1、2級のみ)
  2. 生活保護法による生活扶助、その他の援助であって厚生労働省で定める援助を受けているとき
  3. 国立及び国立以外のハンセン病療養所などで療養しているとき

窓口

 国保・年金課へ届出してください。

提出書類等

1.に該当する方

  • 個人番号(マイナンバー)が確認できる書類(個人番号カードや通知カード)
  • 本人確認ができる書類
  • 障害年金の年金証書
  • 印かん

2.に該当する方

  • 個人番号(マイナンバー)が確認できる書類(個人番号カードや通知カード)
  • 本人確認ができる書類
  • 年金手帳
  • 印かん
  • 生活保護受給開始日が確認できるもの

3.に該当する方

 必要な書類については、事前にお問い合わせください。

お問い合わせ
池田市 福祉部 国保・年金課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所2階
電話:
(国民健康保険)072-754-6253
(国民年金)072-754-6395
福祉部国保・年金課へのご意見・お問い合わせ