現在の位置

児童医療費助成制度

児童医療費助成とは、申請により児童医療証の交付及び、入院・通院で要した保険診療に係る費用の一部を助成するものです。

お知らせ

平成27年7月1日から、通院にかかる医療費の一部助成の対象年齢を拡充します。これにより、全ての児童が15歳の年度末まで医療費の一部助成を受けられるようになります。

平成27年7月1日から児童医療費助成を拡充します

児童医療費助成の対象となる方

次のすべてにあてはまる方が対象となります。

  • 池田市に住民票登録のある0〜15歳以下【中学校卒業まで】の児童
  • 各種健康保険加入者

ただし、下記に該当する方は除きます。

  • 生活保護受給者
  • ひとり親家庭医療費助成受給者
  • 障がい医療費助成受給者
  • 児童福祉施設に措置入所している方

医療証の申請に必要なもの

医療証の交付

  • 健康保険証(対象者名の記載されているもの)
  • 転入された保護者の方は、所得の額を明らかにすることができる証明書が必要です。 (1月1日に現住されていた市町村で発行されます。)ただし、所得制限はありません。
  1. 1月〜6月の申請の場合は、前々年度中、7月〜12月の申請の場合は、前年度中の所得証明書等が必要になります。ただし、申請日により2年分の所得証明書等が必要になることもあります(池田市で申告済の方は除く)。
  2. 海外からの転入の場合は、パスポートが必要になります。

医療証の発効

 医療証の効力は申請月の初日から発生します。ただし、対象者が出生または転入してから1ヶ月以内に申請のあった場合は、出生日または転入日からになります。

 申請日より相当の期間経過しても上記必要書類をお持ちいただけない場合は、その申請は取り消しとなり新たに申請をしていただきます。その場合は、申請月の初日から有効の医療証発行となります。

助成金給付の内容

医療証交付期間中

一部自己負担額のお支払いについて

  • 大阪府内の医療機関で健康保険証と医療証の提示により、一つの医療機関あたり、1ヵ月ごとに入院・通院とも1日につき各500円(月2日限度)までのお支払いが必要 です。 なお、3日目以降については、ご負担はありません。
  •  1回の負担額が500円に満たない場合は、その額だけをお支払いいただきます。
  •  医療機関が異なる場合や同じ医療機関でも 「歯科」 と 「歯科以外の診療科」 にかかられた場合は、それぞれ同様にご負担が必要です。
  •  同じ医療機関でも 「入院」 と 「通院」は、それぞれ同様にご負担が必要です。
  •  院外処方箋による薬局でのご負担はありません。

ただし、予防接種料、健康診断料、薬の容器代、差額ベッド代、自費などの健康保険の適用にならない費用は、助成対象外となります。

入院時の食事療養費

 医療機関へのお支払い時において、ご負担はありません。

一部自己負担金額償還について

 1ヶ月に複数の医療機関を受診し、一部自己負担金のお支払い合計額が1人あたり2500円を超えた場合は、超えた額を給付申請により助成しています(注:下記「助成金給付の申請をするとき」参照) 

助成金給付の内容図(PDF:10.3KB)

助成金給付の申請をするとき

  • 医療証交付期間中に大阪府外で入院及び通院したとき
  • 医療証交付期間中に大阪府内で医療証を提示できなくて健康保険証のみで受診したとき
  • 医療証交付期間中に健康保険から療養費の支給があったとき(補装具代など)
  • 医療証交付期間以降に対象児童が入院したとき(保険適用分のみ助成対象です)

医療費が「高額療養費及び家族療養附加金」等に該当する場合は、先に高額療養費等の支給手続きが必要です。手続きの詳細は、加入している健康保険にお問い合わせください。

申請に必要なもの

  • 健康保険証(対象者名の記載されているもの)
  • 児童医療証
  • 印鑑(認印可)
  • 領収書の原本

(保険適用になっている医療費で、対象者の名前・保険点数・日付等の記載があるもの)
・レシートの場合は、医療機関にて患者名・保険点数・日付を記入してもらってください。
・領収書原本の返却を希望する場合は、領収書の原本とコピーを持参してください。

  • 保護者の振込先口座がわかるもの(ゆうちょ銀行は、振込み手続き済みのものに限る)
  • 「高額療養費及び家族療養附加金」等に該当した場合は、「支給済証明書」等

助成金のお支払いについて

 医療費の給付申請をしていただくと、健康保険が適用となる診療等について、自己負担割合から一部自己負担額のほか、高額療養費・付加給付金等を引いた額を助成します(院外処方箋の場合は一部自己負担額はかかりません)。高額療養費や付加給付金等についてはご加入の健康保険にお問い合わせください。
 また、診断書料や差額ベッド代、日用品などの健康保険適用外の支払いについては対象となりませんのでご注意ください。

 なお、毎月20日までに受付した申請書については、通常翌月10日以降の振込みとなります。

助成額のイメージ(2割負担、高額療養費ならびに付加給付金なしの場合)

(表組)助成額のイメージ1

助成額のイメージ(2割負担、高額療養費ならびに付加給付金ありの場合)

(表組)助成額のイメージ2

異動等による変更の届出

(医療証交付期間中)次の場合はすみやかに、健康保険証及び医療証を持ってお届けください。

  • 市外へ転出したとき
  • 市内で転居したとき
  • 対象者が死亡したとき
  • 健康保険証の種類や内容が変わったとき
  • 生活保護を受けるようになったとき
  • 交通事故など第三者の行為による傷病で、治療を受けたとき
  • 世帯構成が変わったとき

届出が遅れますと、あとで助成した医療費を返していただく場合がありますのでご注意ください。

平成27年3月26日更新

お問い合わせ
池田市 福祉部 保険医療課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所2階
電話:072-754-6258
福祉部保険医療課へのご意見・お問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。