現在の位置

私立幼稚園児保護者補助金・就園奨励費補助金

私立幼稚園児の保護者に補助金を給付します。
補助金には、「私立幼稚園児保護者補助金」と「就園奨励費補助金」の2種類があります。

池田市内に保護者とともに居住している園児で、池田市内または市外の私立幼稚園に通園されている方が対象です。(プレクラスや未就園児教室などの場合は対象になりません。)

いずれも入園されてから、7月上旬の申請手続です。
申請書類は園を通して配付します。(市外園で7月11日までに配付されなかった時は連絡をお願いします。)

なお、伏尾台または細河地区から友星幼稚園に入園されている4又は5歳児の場合は、園を通しての別制度での扱いとなります。
 

私立幼稚園児保護者補助金

補助金額は、保護者の支払う入園料・保育料の合計額から就園奨励費補助金を差し引きした額を限度額と比べて、少ない方となります。

年中または年長の第4子以上児の限度額は96,000円として計算します。
同一世帯で2人以上の方(父母とそれ以外の家計の主宰者)に市民税所得割額があるご家庭は、合計額により所得区分を決定します。
市民税所得割額は、住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)の適用前の額となります。(住宅ローン控除額を市民税所得割額に加えて所得区分を決定します。)

途中入園・退園および転入・転出の場合は、月割りで計算となりますので、ご連絡ください。

なお、市税を滞納している場合は、給付の対象外です。

  

平成28年度 限度額(1人当たり年額)
区分 年少 年中・年長(共通)
1 生活保護世帯・市民税非課税世帯  83,000円 96,000円
2 市民税所得割非課税世帯 83,000円 96,000円
3 市民税所得割額が下記(計算値2)以下の世帯 23,000円 38,500円
4.(1)市民税所得割額が下記(計算値2)が超える世帯(1人目) 47,000円 62,500円
4.(2)市民税所得割額が下記(計算値2)を超える世帯(2人目以降) 交付対象外 交付対象外

(計算値2)=171,600円+(16歳未満の扶養親族人数×19,800円)+(16歳以上19歳未満の扶養親族人数×7,200円)

ただし、扶養親族人数は平成27年12月31日現在の年齢及び人数で計算します。

就園奨励費補助金

保護者の支払う入園料・保育料の合計額が下表の限度額を下回る場合は、その額が補助金額となります。
同一世帯で2人以上の方(父母とそれ以外の家計の主宰者)に市民税所得割額があるご家庭は、合計額により所得区分を決定します。
兄・姉が保育所や障がい児通園施設等に通う就学前児童の場合は、同時就園児に数えます。
小学校1から3年生の兄・姉は就学年齢で判定し、同時就園児に数えます。

市民税所得割額は、住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)の適用前の額となります。(住宅ローン控除額を市民税所得割額に加えて所得区分を決定します。)

途中入園・退園および転入・転出の場合は、月割りでの計算となりますので、ご連絡ください。

なお、文部科学省から経費の一部が助成されています。

平成28年度限度額(1人当たり年額、年少・年中・年長・満3歳児共通)
区  分 同時就園児 小学校1から3年生の兄・姉がいない世帯  小学校1から3年生の兄・姉がいる世帯 
A生活保護世帯

1人目

2人目

3人目以上

308,000円

308,000円

308,000円

-----

308,000円

308,000円

B市民税非課税世帯

 所得割非課税世帯

1人目

2人目

3人目以上

272,000円

290,000円

308,000円

-----

290,000円

308,000円

C市民税所得割額が

 下記(計算値1)以下世帯

1人目

2人目

3人目以上

115,200円

211,000円

308,000円

-----

211,000円

308,000円

D市民税所得割額が

 下記(計算値2)以下世帯

1人目

2人目

3人目以上

62,200円

185,000円

308,000円

-----

185,000円

308,000円

E市民税所得割額が

下記(計算値2)超える世帯

1人目

2人目

3人目以上

交付対象外

154,000円

308,000円

-----

154,000円

308,000円


(計算値1)=34,500円+(16歳未満の扶養親族人数×21,300円)+(16歳以上19歳未満の扶養親族人数×11,100円)

(計算値2)=171,600円+(16歳未満の扶養親族人数×19,800円)+(16歳以上19歳未満の扶養親族人数×7,200円)

ただし、扶養親族人数は平成27年12月31日現在の年齢及び人数で計算します。

☆今年度より追加

市民税所得割額77,100円以下の世帯については、   

 1、多子計算に係る年齢制限を撤廃します。

 2、ひとり親世帯、在宅障害児のいる世帯の子供について保護者負担額の軽減措置を実施します。(各証明添付で提出ください)

申請手続および給付方法

書類配付

7月初旬までに園を通して配付します。(市外園で配付されなかった時は連絡をお願いします。)
 

申請受付

市内の私立幼稚園に通っている方は、申請書類に記載されている受付日に幼稚園で受付します。
市外の私立幼稚園および友星幼稚園(満3歳児・年少)に通っている方は、幼稚園へ提出してください。
都合の合わない方や途中入園の方は、幼児保育課へ提出(郵送可)してください。
なお、申請期限(不備書類提出も含む)は当該年度末(3月末)となります。申請期限を超えますと補助金を交付できなくなるのでご注意ください。
 

提出書類

1.「池田市私立幼稚園児保護者補助金交付申請書」

注意事項:池田市に所得申告されている方は、税担当課へ照会するための同意欄に記名押印、または証明書類を2種類(課税証明書、完納証明書)添付してください。市民税の所得割額が(計算値2)以上の世帯(およそ680万円以上)につきましては、2人目以降の児童については給付されません。

2.「池田市私立幼稚園就園奨励費補助金交付申請書」

注意事項:市民税の所得割額が(計算値2)以上の世帯(およそ680万円以上)につきましては、1人目の児童については給付されません。
注意事項:転入された方(平成28年1月2日以降)、または池田市に所得申告していない方(保護者の一方が池田市に居住していない場合など)は「課税証明書」(市民税額を証明する書類、コピー可)、また海外から転入された方は「収入証明書」(勤務先作成の給与支払い証明書など)が必要です。課税証明書はその年の1月1日現在住所地の市区町村、もしくは所得申告している市区町村で発行されます。なお、配偶者を扶養控除の対象としていない場合は、配偶者の方の課税証明書も必要です。
注意事項:市民税で住宅借入金等特別税額控除を受けた方=「住宅借入金等特別控除申告書の本人控えのコピー」

支給方法

9月下旬に、幼稚園を通して決定通知書をお渡しします。
補助金は年2回(給付予定 9月末・3月下旬)に分けて、保護者の口座へ振り込みます。
 

その他(今までにあったご質問から)

Q1. 申請書の配布はいつからでしょうか?また提出先は?

A1. 申請書については、在園している幼稚園から7月上旬頃までに配布されます。提出先は幼稚園又は池田市の窓口となります。

Q2.幼稚園に兄弟姉妹が2人以上同時に在園している場合にのみ同時就園児に数えられるのでしょうか?

A2. 就園奨励費補助金で幼稚園に兄弟姉妹が2人同時在園している場合は、最年長の園児から第1子、第2子と数えます。また小学校1年生から3年生の兄姉がいる場合は、兄姉を第1子(補助金は給付されません。)、幼稚園児を第2子と数えます。

ただし、今年度より市民税所得割額77,100円以下の世帯の場合、小学校4年生以上の兄姉も第1子と数える事ができます。

Q3.年収680万円を超える場合には第1子は就園奨励費の交付対象外でしょうか?

A3. 就園奨励費補助金1人目が交付対象外となるE階層は市民税所得割額が計算値2(扶養3人の場合、およそ年収680万円程度)を超える家庭となります。扶養の人数や控除の内容により変動しますので、詳しくはお問い合わせください。

Q4.表に記載の金額よりも入園料・保育料の合計額が少ない場合、支給額はどうなりますか?

A4. 表に記載の金額は限度額です。実際に、保護者が支払われた入園料・保育料の合計額が上限です。

Q5.補助金はいつ支給されますか?

A5. 補助金は、9月末に4月から9月分を、3月下旬に10月から3月分を支給します。申請書類の提出時期により9月支給に間に合わない場合、3月にまとめて支給します。

Q6.年度の途中に池田市に転居しました。池田市で申請する必要はありますか?

A6. 年度途中の転入の場合は、転入日以降が池田市からの支給となりますので速やかに申請ください。(当該年度末の3月末が期限となります。)

Q7.年度途中に退園や市外に転出する場合、何か手続きは必要でしょうか?

A7. 途中退園・転出の場合は、速やかに池田市連絡いただくとともに、補助金が振り込まれるまで口座解約しないようにお願いします。

お問い合わせ
池田市 子ども・健康部 幼児保育課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所4階
電話:072-754-6208
子ども・健康部幼児保育課へのご意見・お問い合わせ