高額介護サービス費の算定誤りによる時効到来分の補助について

更新日:2022年06月28日

ページID : 15490

公費負担医療(難病患者に対する特定医療費の支給等)の対象となっている介護保険サービス(訪問看護等)を利用した要介護(要支援)被保険者について、高額介護サービス費の算定においては、公費負担医療による支給額を控除し、なお利用者負担が残る場合は、その利用者負担を自己負担額に含めるべきところ、含めずに計算していたため、過少支給が生じていることが判明していました。

このため、対象となるものには追加支給を行いますが、介護保険法第200条の規定に基づき消滅時効(2年)を迎えたものについては、相当額を補助金として交付いたします。
 

補助対象者

介護保険法施行令(平成10年政令第412号)第22条の2の2第2項第2号に規定する負担額が高額介護サービス費に算定されていない被保険者

補助対象期間

平成27年1月~令和2年4月サービス提供分

 

※上記期間より以前のサービス提供分については、被保険者の保管する資料により確認できた場合に対象とします。

申請方法

本補助金の対象者へは個別に通知を行います。通知書に同封の申請書をご提出ください。

ご不明な点がございましたら介護保険課までお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

池田市 福祉部 高齢者政策推進室 介護保険課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所2階
電話:072-754-6228
福祉部高齢者政策推進室介護保険課へのご意見・お問い合わせ
皆様のご意見をおきかせください。

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
その他を選択された方はその理由を記載してください。