ため池ハザードマップ

更新日:2021年02月01日

ページID : 3886

 近年は集中豪雨が頻発し、南海トラフ地震の発生可能性が想定されるなど、ため池の決壊による人命や資産へのリスクが高まりつつあります。

 池田市では、平成28年度に市内のため池(「沼池」、「尻池・中池」、「新池」、「二尾池・舟池」、「宮ノ前池」、「中山池」)について、ため池ハザードマップを作成しました。

 このため池ハザードマップは、ため池が万が一決壊した場合に想定される浸水区域や危険度、及び避難に役立つ情報を取りまとめたものです。いざというときに備え、迅速かつ安全に避難するために役立ててください。なお、マップに示された浸水想定区域外でも状況によっては浸水が起こる可能性がありますので、十分ご注意下さい。

 以上5ヵ所のため池は、平成28年度及び29年度に行われた大阪府の耐震診断事業において、「南海トラフによる巨大地震動及び内陸直下型地震動に対し、直ちに決壊に至らない。」との診断結果が公表されています。詳細については、下記の関連リンクより大阪府ホームページをご覧ください。

 中山池は、南海トラフによる巨大地震動及び内陸直下型地震動に対する耐震改修工事を平成22年度に実施しており、これらの地震に対して直ちに決壊に至るものではありません。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

池田市 まちづくり推進部 農政課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所6階
電話:072-754-6152
まちづくり推進部農政課へのご意見・お問い合わせ