平和について

更新日:2021年02月01日

ページID : 2918

 

平和首長会議

   平和首長会議とは、加盟都市相互の緊密な連帯を通じて核兵器廃絶の市民意識を国際的な規模で喚起するとともに、人類の共存を脅かす飢餓・貧困等の諸問題の解消さらには難民問題、人権問題の解決及び環境保護のために努力し、もって世界恒久平和の実現に寄与することを目的としています。

   池田市は、平成24年(2012年)10月1日に平和首長会議(当時は平和市長会議)に加盟しました。

   活動内容や加盟都市など、詳しくは平和首長会議のホームページを参照してください。

 

非核平和都市宣言に関する決議

   世界の恒久平和は、人類共通の願いである。

   しかるに、近年世界において核軍備競争は依然として続けられ、世界平和、人類生存に深刻な脅威を与えている。

   わが国は、世界唯一の被爆国として、ふたたび広島・長崎のあの惨禍をくり返させてはならず、被害の実相を世界に向けて訴え、核兵器廃絶に積極的な役割を果たさなければならない。

   よって、池田市は、被爆40周年を機に平和を愛する市民の総意のもと、平和憲法の理念を基調に世界すべての国が、「持たず、作らず、持ち込ませず」の非核三原則を厳守し、地球上から核兵器の廃絶を強く願い、ここに非核平和都市であることを宣言する。

   以上、決議する。

昭和60年3月28日

                                  池田市議会

この記事に関するお問い合わせ先

池田市 市長公室 危機管理課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所4階
電話:072-754-6263
市長公室危機管理課へのご意見・お問い合わせ