池田市内に特殊詐欺の電話が多発! 高齢者の方は特にご注意を!!

更新日:2021年06月08日

ページID : 2919

 最近、池田市内の高齢者宅に対し、市役所職員や警察官、銀行員などをかたり、

「過去の医療費の還付金がある。先月に手続きの期限が過ぎているが、今日までなら手続きができる」

「保険料還付手続書類が返送されていません。再発行の手続が必要です。」との電話の後、銀行員をかたり「キャッシュカードと身分証を持って銀行に行って下さい。着けば電話をしてください。」

 等の特殊詐欺のアポ電が連続してかかっています。

 このような電話があれば、一旦電話を切り、相手の話を鵜呑みにせず、慌てる事なく、警察に通報してください。

 なお、ご親族に高齢者の方がいれば、この内容を伝えて注意して頂きますようお願いします。

特殊詐欺とは

   特殊詐欺とは、面識のない不特定多数の者に対し、電話その他の通信手段を用いて、対面することなく被害者をだまし、不正に入手した架空または他人名義の預貯金口座への振り込みなどの方法により、被害者に現金などを交付させたりする詐欺です。

   最近は特に、百貨店の店員や銀行協会職員になりすましカードをだまし取る手口が増加傾向にあり、今後はさらに巧妙化された手口が登場することも予想されます。
騙された人の多くが「自分は大丈夫」と思っていた、というデータもあります。

   このような電話があれば、相手が名乗った百貨店に電話をして話の内容を確認するか、最寄りの警察署(または、警察相談ダイヤル(#9110))に相談しましょう。   

正しい知識を習得し、万が一の時に冷静に対処できるように備えましょう。

 

特殊詐欺に関する参考サイト

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

池田市 市長公室 危機管理課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所4階
電話:072-754-6263
市長公室危機管理課へのご意見・お問い合わせ