令和4年度 高齢者のインフルエンザ定期予防接種について

更新日:2022年11月01日

ページID : 15767

10月1日からインフルエンザ予防接種を実施します。

今年度は「無料」で実施します。

ワクチン接種により、インフルエンザに罹患しにくくなる、あるいは罹患しても症状の重症化予防の効果が期待できます。
ワクチン接種後、免疫がつくまでに2週間程度かかり、その効果が十分に持続する期間は約5か月といわれています。より効果的に有効性を高めるためには、毎年インフルエンザが流行する12月中旬までに接種を受けられることをお勧めします。

高齢者のインフルエンザワクチン接種対象者

予防接種を希望される方で、接種する時点で池田市に住民票のある下記の項目に該当する方

  1. 65歳以上の方(接種時点で65歳になっている方)
  2. 60歳以上65歳未満の方で、心臓・じん臓・呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを有する方(身体障害者手帳1級)

注)該当する手帳を医療機関にて、ご提示ください。

上記の1・2の対象以外の方で、インフルエンザ予防接種を希望される場合は、任意接種となりますので全額自己負担になります。

接種期間

令和4年10月1日(土曜日)~令和4年12月31日(土曜日)

医療機関により、接種開始日が異なりますので、電話等でご確認のうえお受けください。

免疫ができるのに時間がかかることや、インフルエンザの流行前に接種していただくために、なるべく12月中旬までの接種をお勧めいたします。

接種回数

1回

新型コロナワクチンとの接種間隔

インフルエンザワクチンと新型コロナワクチンの接種間隔に関する規定はありません。
インフルエンザワクチンと新型コロナワクチンの同時接種は可能です。

同時接種を希望される場合は、接種される医師とご相談ください。

なお、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチン以外のワクチン接種については、引き続き13日以上の間隔を空けての接種となります。

接種場所

接種できる医療機関は下記の医療機関になります。

令和4年度保健事業のご案内にも掲載しています。

接種費用

無料(今年度は一部自己負担金はありません)

市外で接種する場合

・かかりつけ医が池田市外にある場合など、池田市内の委託医療機関で接種を受けることができない方は、池田市が発行する接種地の市町村又は医療機関あての市外依頼書が必要です。この依頼書は、予防接種法に基づく健康被害が生じた際に池田市が給付を行うという意味を持ちます。接種予定の医療機関がその自治体の委託先かどうか、依頼書のあて先と送付先を確認の上、必ず接種前に、健康増進課にて、身分証明書を持参し、市外依頼書の手続きを行ってください。代理の方が手続きをされる場合は、接種希望者と申請に来られる方の身分証明書(コピー可)を持参してください。

・豊中市、箕面市、吹田市、摂津市、豊能町、能勢町の委託医療機関で受ける場合は、市外依頼書は必要ありません。

・上記以外の市で接種する場合は市外依頼書が必要です。また、医療機関にて、支払った額を償還いたしますので、領収書・接種を証明するもの(予防接種済み報告書・予防接種済証・予診票の写し等)、銀行口座のわかるものを持参のうえ、健康増進課に接種費用の償還申請をしてください。

・償還申請は予防接種を受けた日から1年以内です。

高齢者インフルエンザ依頼書発行申請書(PDFファイル:61.2KB)
 

郵送での手続きについて

市外依頼書の申請手続きを郵送で希望される場合、記入済みの申請書と接種希望者の身分証明書のコピー、返信用封筒、切手を同封して健康増進課まで郵送してください。

代理の方が申請される場合は、代理の方の身分証明書のコピーも必要です。
 

接種する場合の注意と効果、副反応について

1.予防接種を受けることができない人

  • あきらかに発熱がある人(体温が37.5度以上の人)
  • 重い急性疾患にかかっている人
  • インフルエンザワクチンに含まれる成分によって、アナフィラキシーを起こしたことがある人
  • その他、医師が不適当な状態と判断した場合

2.予防接種を受けたあとの一般的注意事項

  • 接種後30分は急な副反応が起こることがありますので、健康状態の変化に注意し、医療機関にすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。
  • 入浴は差し支えありませんが、注射部位を強くこすらないでください。
  • 接種当日はいつもどおりの生活をしても構いませんが、激しい運動や大量の飲酒は控えましょう。

3.予防接種の効果と副反応について

  • 予防接種は発病予防効果や重症化を防ぐ効果が期待されますが、接種後、接種部位が腫れたり、熱が出るなどの症状が見られたりするほか、まれに重篤な副反応を引き起こす可能性もあります。重篤な健康被害が発生した場合、救済制度があります。健康被害が予防接種によるものと国が認定した場合に補償を受けることができます。

インフルエンザ対策について

インフルエンザ対策については、厚生労働省のホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

池田市 子ども・健康部 健康増進課
〒563-0025
池田市城南3丁目1番40号 池田市保健福祉総合センター2階
電話:072-754-6034
子ども・健康部健康増進課へのご意見・お問い合わせ
皆様のご意見をおきかせください。

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
その他を選択された方はその理由を記載してください。