認知症初期集中支援チーム(相談窓口)

更新日:2021年02月01日

ページID : 7492

認知症初期集中支援チームは、地域で暮らす認知症の人と家族に対し、早期から多職種で関わることで、適切な医療と介護につなげることを目的としています。

ちらし表紙

認知症はもの忘れだけではありません。こんなことに思い当れば・・・

今までは・・・、

忘れることはあっても生活に困らない程度だったのに

⇒ついさっきのことも覚えられず何度も同じことを聞く

今までは・・・、

スムーズに家事をこなせていたのに

⇒慣れたことが段取り良くできない

今までは・・・、

おだやかに暮らしていたのに

⇒いらいらしたり、怒りっぽくなる

 

その他にも「慣れた道でも迷うことがある」「不安感が強くなる」「身だしなみをかまわなくなった」といった症状がみられることもあります。

まずはご相談ください。

相談窓口

『地域包括支援センター』にチームの窓口があり、市立池田病院と連携して対応しています。

困ったこと、悩んでいることは、地域包括支援センターまでご相談ください。

本人や家族以外に、医療・介護の専門職、ご近所の方からの相談も受け付けます。

『地域包括支援センター』については、下記のリンクからご確認ください。

対象者

40歳以上の池田市民で、在宅で生活しており、かつ認知症が疑われる方、または認知症の方

認知症初期集中支援チームとは

複数の専門職が家族の訴え等により認知症が疑われる人や認知症の人及びその家族を訪問し、アセスメント、家族支援などの初期の支援を包括的、集中的(おおむね6ヶ月)に行い、自立生活のサポートを行うチームです。

認知症の方とそのご家族とともに、医療・介護・福祉の面から暮らしをサポートし、これからのことを考えていきます。

認知症初期集中支援チームのメンバー

専門医、保健師、看護師、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士などそれぞれの専門分野を活かしながら関わります。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

池田市 福祉部 高齢者政策推進室 地域支援課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所2階
電話:072-754-6288
福祉部高齢者政策推進室地域支援課へのご意見・お問い合わせ