飼犬に関する届出について

更新日:2022年05月31日

ページID : 8371

狂犬病の発生予防・まん延防止・撲滅することにより、公衆衛生の向上及び公共の福祉を増進するため、犬の所有者には法律により以下の義務が課せられています。

・飼犬が所在する市町村へ飼犬登録の申請を行い、交付された鑑札を飼犬に着けること

・飼犬登録の内容変更(飼犬の死亡や所有者及び所在地の変更等)を登録先の市町村に届け出ること

・飼犬に毎年1回狂犬病の予防注射を受けさせ、飼犬登録先の市町村に届け出るとともに、交付された注射済票をその飼犬に着けること

飼犬の登録申請(転入や転出がなければ生涯1回のみ)

犬の所有者は、その犬を飼い始めた日(生後90日以内の場合は生後90日を経過した日)から30日以内に、その犬が現に所在する市町村に飼犬登録の申請を行い、交付される鑑札をその犬に着けなければなりません。

購入や譲渡により犬を飼い始める場合は、前の所有者により、その犬が以前所在していた市町村から飼犬登録及び鑑札の交付を受けている可能性があります。池田市への飼犬登録の申請前に、その犬に係る飼犬登録及び鑑札の有無について前の所有者にご確認ください。

どの市町村にも飼犬登録のない犬を飼い始める場合

環境政策課窓口又は市内の動物病院で飼犬登録の新規申請手続を行い、鑑札の交付を受けてください(手数料3,000円)。

池田市を含むいずれかの市町村で飼犬登録のある犬を飼い始める場合

前の所有者から以前の飼犬登録に関する鑑札を受け取り、環境政策課窓口で飼犬登録の申請手続を行い、新たな鑑札と交換してください(手数料無料)。

前の所有者が紛失等により鑑札を所持していない場合

前の所有者に以前の飼犬登録に関する内容(犬の名前・犬種・生年月日・登録番号、所有者の住所及び氏名)を確認し、環境政策課窓口で飼犬登録の申請手続、鑑札の再交付を受けてください(手数料1,600円)。

飼犬登録の内容変更(犬の死亡、所有者や所在地の変更等)

池田市に飼犬登録がある犬で、以下に該当する場合は環境政策課に届出が必要です(電話による届出可)。なお、その犬が池田市外に転出する場合は池田市への届出は不要ですが、転出先の市町村で別途手続が必要ですので、詳細は転出先市町村の飼犬登録担当窓口に必ずお問い合わせください。

・犬の死亡

・犬の所在地の変更(市内転居のみ)

・所有者の氏名又は所在地の変更

狂犬病予防注射の接種及び池田市への届出(毎年1回)

犬の所有者は、飼犬に毎年1回狂犬病の予防注射を受けさせ、その犬が所在する市町村で届出手続を行い、交付される注射済票をその犬に着けなければなりません。なお、初めて予防注射を受けさせる場合は、その犬について既に飼犬登録の申請手続を完了できているか事前にご確認ください。

市内の動物病院で受けさせる場合

市内の動物病院で、注射済票の交付を受けられます。

市外の動物病院で受けさせる場合

動物病院で発行される、狂犬病予防注射済みである旨の証明書を、環境政策課窓口に持参し注射済票の交付手続を行ってください(手数料550円)。

 

⁂病気などの理由により、獣医師から狂犬病予防注射を猶予すべきと認められた場合は

「狂犬病予防注射猶予申請書により申請をお願いします。

 

狂犬病予防注射猶予申請書(PDFファイル:61.2KB)

 

池田市内の動物病院一覧

この記事に関するお問い合わせ先

池田市 市民活力部 環境政策課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所7階
(温暖化対策)電話:072-754-6242
(ごみ減量)電話:072-754-6240
(公害)電話:072-754-6647
市民活力部環境政策課へのご意見・お問い合わせ