事務事業評価結果を使用した市長・副市長ヒアリング

更新日:2021年02月01日

ページID : 7275

ヒアリングの実施目的

   平成25年度から事務事業評価結果を使用し、市長及び副市長が事業の今後の方向性等について政策的な判断を行うことを目的として「事務事業評価結果を使用した市長・副市長ヒアリング」を導入しました。

   平成25年度と平成26年度の2年間で本市の全事業(一部対象外事業を除く。)のヒアリングを実施しました。

   平成27年度は、事務事業評価における事業所管課の評価に基づいて、改善が必要と考えられる事業に対象を絞り込み、ヒアリングを実施しました。  

   平成28年度は、昨年度のヒアリング対象事業および改善が必要と考えられる事業から対象事業を絞り込み、、ヒアリングを実施しました。

   ヒアリングでの判定結果や指示事項を踏まえて、各事業の所管課において、反映に向けた取組を進めていきます。

ヒアリングの実施方法

   各事業の所管課長が事務事業評価シートに基づいて、市長及び副市長に対して、事業の概要、指標値の推移、有効性と効率性、課題と対策、今後の取組方針等について説明を行います。

   説明を受けて、市長及び副市長が事業の今後の方向性等について、「廃止」、「縮減」、「委託等」、「現状維持」の4項目で判定を行い、その反映時期を決定するとともに、併せて実施方法の見直し等について指示を行います。

ヒアリングの実施結果

平成25年度

   平成25年度は、7月から8月の計4日間にわたって、全事業(一部対象外事業を除く。)の約半分に当たる262事業を対象に実施しました。

   判定結果については、「廃止」が10事業、「縮減」が10事業、「現状維持」が242事業という結果になりました。  各事業の判定結果については、以下のPDFファイルをご確認ください。

平成26年度

   平成26年度は、7月から8月の計5日間にわたって、昨年度未実施の部署における239事業を対象に実施しました。

   判定結果については、「廃止」が6事業、「縮減」が5事業、「委託等」が4事業、「現状維持」が224事業という結果になりました。  各事業の判定結果については、以下のPDFファイルをご確認ください。

平成27年度

   平成27年度は、8月に計3日間にわたって、事務事業評価における事業所管課の評価に基づき、改善が必要と考えられる21事業を対象に実施しました。

   判定結果については、21事業全て「現状維持」という結果となりましたが、事業のより効果的かつ効率的な実施に向けて、市長及び副市長から具体的な改善や検討の指示が出されました。  各事業の判定結果については、以下のPDFファイルをご確認ください。

平成28年度

   平成28年度は、事業所管課による事務事業評価に基づき、30事業を対象に10月に市長・副市長によるヒアリングを実施しました。

   ヒアリングの結果については、1事業について「委託等の検討」、29事業について「継続」という方針を決定したほか、各事業の実施における留意点や、改善点についての具体的な指示が出されました。  各事業の判定結果については、以下のPDFファイルをご確認ください。

平成29年度

   平成29年度は、事業所管課による事務事業評価に基づき、12事業を対象に10月に市長・副市長によるヒアリングを実施しました。

   ヒアリングの結果については、12事業について「継続」という方針を決定したほか、各事業の実施における留意点や、改善点についての具体的な指示が出されました。  各事業の判定結果については、以下のPDFファイルをご確認ください。

平成30年度

   平成30年度は、第3期実施計画の策定を控えていることから、第2期実施計画の振り返り・評価も兼ね、事業所管課による事務事業評価及び第2期実施計画評価に基づき、22事業を対象に10月に市長・副市長によるヒアリングを実施しました。

   ヒアリングの結果については、1事業について「廃止」、11事業について「更改」、6事業について「拡充」、4事業について「継続」という方針を決定したほか、各事業の実施における留意点や、改善点についての具体的な指示が出されました。  各事業の判定結果については、以下のPDFファイルをご確認ください。

事務事業評価結果

 本市で実施している事務事業評価の実施結果及び評価シートについては、以下のページからご確認いただけます。

この記事に関するお問い合わせ先

池田市 総合政策部 行財政改革推進課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所2階
電話:072-754-7003
総合政策部行財政改革推進課へのご意見・お問い合わせ