ビニールカーテン設置の際の注意点について

更新日:2021年02月01日

ページID : 4378

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として、窓口やレジなどに設置する塩化ビニル製等の「ビニールカーテン」を設置の際は、次の事項にご注意ください。

ビニールカーテン

火気の近くに設置しない

防炎性能を有しないビニールカーテンは、火が燃え広がりやすいため、火気の近くや高温となる電灯の近くには設置しないでください。

大阪府内のたばこ売場で販売しているライターを試しに点火したところ、新型コロナウィルス感染防止対策の飛沫防止シートに着火したという事案も発生しております。

消防用設備等の支障となっていないか確認する

自動火災報知設備の感知器やスプリンクラーのヘッド付近にビニールカーテンを設置すると、火災が発生した際、煙を感知しない場合や散水の支障となる場合がありますのでご注意ください。

ビニールカーテンの大きさや設置する場所によっては、消防法において防炎物品を使うよう義務付けられています。ビニールカーテンの設置について、詳しくは消防本部予防課までご相談ください。

防炎物品を使用しなければならない対象物はこちら(日本防炎協会ホームページ)

この記事に関するお問い合わせ先

池田市 消防本部 予防課
〒563-0037
池田市八王寺1丁目2番1号
電話:072-754-3511
消防本部予防課へのご意見・お問い合わせ