現在の位置

更新日:2019年5月1日

児童手当

~ 平成28年1月からマイナンバーの提示が必要です ~

児童手当の認定請求(新規申請)には、請求者及び配偶者のマイナンバーの提示が必要となります。(児童が池田市外に居住している場合は、児童のマイナンバーも必要)

提示が必要なもの

請求者及び配偶者のマイナンバー確認書類

 (例) 個人番号カード、通知カード

届出人の身元確認書類

  (例) 個人番号カード、運転免許証、パスポート、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、 在留カードなど顔写真のあるもの

  [2つ以上提示が必要なもの] 健康保険証、年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、届出人名義の通帳(キャッシュカード)

請求者(受給者)

児童を養育している父母等のうち、生計中心者が請求者となります。

生計中心者とは、配偶者よりも恒常的に所得の高い方で、児童の扶養(税や健康保険)を担う方を指します。

請求者が公務員の場合は、勤務先で申請してください。

注意事項

・離婚協議中で父母が別居している場合は、児童の生計を維持する程度に関わらず、児童と同居している方に支給します。

・父母のいずれかが単身赴任をしているような場合は、別居中も生計を同じくしているものと考え、同居している方ではなく所得の高い方に支給します。

支給対象児童

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童

支給額

支給額について
児童の年齢 支給額(1人当たり月額)

3歳未満

一律15,000円

3歳以上小学校修了前

10,000円

(第3子以降は15,000円)

中学生

一律10,000円

【注意】

1.児童を養育している父母等の所得が所得制限限度額以上の場合は、児童の年齢に関わらず、特例給付として1人当たり月額一律5,000円を支給します。

2. 「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降の児童をいいます。

所得制限限度額

所得制限限度額について
扶養親族等の数 所得制限限度額(万円) 収入額の目安[給与] (万円)
0人 622.0 833.3
1人 660.0 875.6
2人 698.0 917.8
3人 736.0 960.0
4人 774.0 1002.1
5人 812.0 1042.1

【注意】

1.所得税法に規定する同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族がいる方の限度額(所得額ベース)は、上記の額に当該同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。

2.扶養親族数の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、5人を超えた1人につき38万円(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額。

※所得制限の算定は、収入額ではなく、所得額(給与所得控除後の金額)で行います。

※所得申告の扶養親族の数が考慮される為、「16歳未満の扶養親族」についても申告漏れのないようご注意ください。

※受給者よりも配偶者の所得が高く、生計中心者が配偶者となる場合は、受給者変更手続きが必要となります。

※長期譲渡所得又は短期譲渡所得について、特別控除がある場合は、その額を控除した額となります。

※寡婦控除又は寡夫控除のみなし適用の申請を行う場合は、その額を控除した額となります。なお、寡婦控除又は寡夫控除のみなし適用の申請を行う場合、その事実を明らかにする書類が必要です。

 

支給日

支給日について
支給月 支給日 対象月
6月 6月10日 2月分~5月分
10月 10月10日 6月分~9月分
2月 2月10日 10月分~1月分

児童手当の支払いは、年3回、4ヶ月分の手当をまとめて支給します。

受給者名義の金融機関口座に振込いたします。

支給日が土日祝日にあたる場合は、その直前の金融機関営業日となります。

転出等で受給資格がなくなった場合には、当該月分までの手当を、上記の支給月以外に振込させていただく場合があります。

児童手当に関する届出

届出は15日以内に!

〈 15日特例 〉

児童手当は原則、申請した月の翌月分からの支給となります。

ただし、出生日や転入した日(異動日)が月末に近い場合、申請日が翌月になっても

異動日の翌日から15日以内であれば、申請月分から支給します。

申請が遅れると、遅れた月分の手当を受けとれなくなりますのでご注意ください。

認定請求(新規申請)

出生・離婚・婚姻など受給資格が生じたとき

池田市に転入したとき

公務員でなくなったとき

必要なもの

印鑑

請求者名義の金融機関口座(通帳・キャッシュカード)

請求者の健康保険証(池田市国民健康保険加入の場合は不要)

請求者及び配偶者のマイナンバー確認書類(通知カードなど)

届出人の身元確認書類(運転免許証など)

委任状(代理人のみ)

⇒請求者と同一世帯の場合、委任状は必要ありません。

※その他、必要に応じて書類の提出を依頼することがあります。

その他

池田市を転出するとき

支給対象となる児童が増えたとき

支給対象となる児童が減ったとき

池田市内で住所が変わったとき

離婚・婚姻したとき

氏名が変わったとき

公務員になったとき

必要なもの

印鑑

(その他、必要に応じて提出をお願いする書類がございます。)

現況届

児童手当を受けているすべての方は、毎年6月末日までに「児童手当・特例給付 現況届」を提出しなければなりません。

この届出は毎年6月1日における状況を記入し、児童手当を引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計同一関係など)があるかどうかを確認するためのものです。

6月上旬に郵送しますので、お忘れないようご提出ください。

必要なもの

印鑑

現況届

受給者の健康保険証のコピー(池田市国民健康保険加入の場合は不要)

※その他、必要に応じて書類の提出を依頼する事があります。

 

お問い合わせ
池田市 子ども・健康部 子育て支援課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所4階
(児童手当・留守家庭児童会)電話:072-754-6252
(子育て支援・ひとり親支援)072-754-6525
(児童家庭相談)072-754-6401
子ども・健康部子育て支援課へのご意見・お問い合わせ