児童手当

更新日:2021年03月30日

ページID : 2450

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う郵送提出について

児童手当・特例給付の認定請求書および各種届出書は、ご相談に応じて郵送提出※が可能です。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点からご利用ください。

なお、池田市役所に来庁し、出生・転入届等を提出される場合は、請求者等の氏名・住所等が印字された認定請求書および各種届出書を原則的に発行いたしますので、印刷してご持参いただく必要はございません

 

※請求・届出内容により、書類の様式や必要な添付書類が異なるため、聞き取り案内を行います。記入前に必ず子育て支援課(072-754-6252)までご連絡ください。

 

 

認定請求書等の書類様式は、以下からダウンロード※してください。

※A4サイズの用紙に両面印刷してください

 

  • 出生・転入等により新たに池田市で児童手当を請求する時
  • 現在、手当を受給中の方が第二子以降の出産等で、養育している児童の人数に変更があった時
  • 現在、手当を受給中の方が、本人や子どもの氏名や住所を変更した時
  • 現在、手当を受給中の方が児童と別居した時
  • 請求者と別世帯人が届出する時

~ 平成28年1月からマイナンバーの提示が必要です ~

児童手当の認定請求(新規申請)には、請求者及び配偶者のマイナンバーの提示が必要となります。(児童が池田市外に居住している場合は、児童のマイナンバーも必要)

提示が必要なもの

  • 請求者及び配偶者のマイナンバー確認書類

 (例) 個人番号カード、個人番号が記載された住民票の写し

※通知カードは、同カードに記載された氏名と住所等が住民票と一致している場合のみ、マイナンバーの確認書類として使用可能です。

  • 届出人の身元確認書類

  (例) 個人番号カード、運転免許証、パスポート、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、 在留カードなど顔写真のあるもの

  [2つ以上提示が必要なもの] 健康保険証、年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、届出人名義の通帳(キャッシュカード)

請求者(受給者)

児童を養育している父母等のうち、生計中心者が請求者となります。

生計中心者とは、配偶者よりも恒常的に所得の高い方で、児童の扶養(税や健康保険)を担う方を指します。

請求者が公務員の場合は、勤務先で申請してください。

注意事項

・離婚協議中で父母が別居している場合は、児童の生計を維持する程度に関わらず、児童と同居している方に支給します。

・父母のいずれかが単身赴任をしているような場合は、別居中も生計を同じくしているものと考え、同居している方ではなく所得の高い方に支給します。

支給対象児童

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童

支給額

支給額について

児童の年齢 支給額(1人当たり月額)

3歳未満

一律15,000円

3歳以上小学校修了前

10,000円

(第3子以降は15,000円)

中学生

一律10,000円

【注意】

1.児童を養育している父母等の所得が所得制限限度額以上の場合は、児童の年齢に関わらず、特例給付として1人当たり月額一律5,000円を支給します。

2. 「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降の児童をいいます。

所得制限限度額

所得制限限度額について

扶養親族等の数 所得制限限度額(万円) 収入額の目安[給与] (万円)
0人 622.0 833.3
1人 660.0 875.6
2人 698.0 917.8
3人 736.0 960.0
4人 774.0 1002.1
5人 812.0 1042.1

【注意】

1.所得税法に規定する同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族がいる方の限度額(所得額ベース)は、上記の額に当該同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。

2.扶養親族数の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、5人を超えた1人につき38万円(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額。

【所得から差し引くことができるもの】

給与所得及び公的年金等の所得控除(10万円)、制度上の一律控除(8万円)、障がい者・寡婦・勤労学生の各控除(27万円)、特別障がい者控除(40万円)、ひとり親控除(35万円)、雑損・医療費・小規模企業共済等掛金控除の実額

※所得制限の算定は、収入額ではなく、所得額(給与所得控除後の金額)で行います。

※所得申告の扶養親族の数が考慮される為、「16歳未満の扶養親族」についても申告漏れのないようご注意ください。

※受給者よりも配偶者の所得が高く、生計中心者が配偶者となる場合は、受給者変更手続きが必要となります。

※長期譲渡所得又は短期譲渡所得について、特別控除がある場合は、その額を控除した額となります。

支給日

支給日について

支給月 支給日 対象月
6月 6月10日 2月分~5月分
10月 10月10日 6月分~9月分
2月 2月10日 10月分~1月分

児童手当の支払いは、年3回、4ヶ月分の手当をまとめて支給します。

受給者名義の金融機関口座に振込いたします。

支給日が土日祝日にあたる場合は、その直前の金融機関営業日となります。

転出等で受給資格がなくなった場合には、当該月分までの手当を、上記の支給月以外に振込させていただく場合があります。

児童手当に関する届出

届出は15日以内に!

〈 15日特例 〉

児童手当は原則、申請した月の翌月分からの支給となります。

ただし、出生日や転入した日(異動日)が月末に近い場合、申請日が翌月になっても

異動日の翌日から15日以内であれば、申請月分から支給します。

申請が遅れると、遅れた月分の手当を受けとれなくなりますのでご注意ください。

認定請求(新規申請)

出生・離婚・婚姻など受給資格が生じたとき

池田市に転入したとき

公務員でなくなったとき

  • 必要なもの

請求者名義の金融機関口座(通帳・キャッシュカード)

請求者及び配偶者のマイナンバー確認書類(個人番号カードなど)

届出人の身元確認書類(運転免許証など)

委任状(代理人のみ)

⇒請求者と同一世帯の場合、委任状は必要ありません。

※国家公務員共済組合または地方公務員等共済組合に加入している方は、健康保険証が必要です。

※その他、必要に応じて書類の提出を依頼することがあります。

その他

池田市を転出するとき

支給対象となる児童が増えたとき

支給対象となる児童が減ったとき

池田市内で住所が変わったとき

離婚・婚姻したとき

氏名が変わったとき

公務員になったとき

  • 必要なもの

届出人の身元確認書類(運転免許証など)

委任状(代理人のみ)

⇒請求者と同一世帯の場合、委任状は必要ありません。

(その他、必要に応じて提出をお願いする書類がございます。)

現況届

児童手当を受けているすべての方は、毎年6月末日までに「児童手当・特例給付 現況届」を提出しなければなりません。

この届出は毎年6月1日における状況を記入し、児童手当を引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計同一関係など)があるかどうかを確認するためのものです。

6月上旬に郵送しますので、お忘れないようご提出ください。

  • 必要なもの

現況届

※国家公務員共済組合または地方公務員等共済組合に加入している方は、健康保険証のおもて面のコピー(被保険者の記号・番号を隠したもの)を添付してください。

※その他、必要に応じて書類の提出を依頼する事があります。

 

この記事に関するお問い合わせ先

池田市 子ども・健康部 子育て支援課
〒563-8666
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所4階
(児童手当・留守家庭児童会)電話:072-754-6252
(子育て支援・ひとり親支援)072-754-6525
(児童家庭相談)072-754-6401
子ども・健康部子育て支援課へのご意見・お問い合わせ