旧規格消火器は2021年12月31日までに交換が必要です

更新日:2021年08月19日

ページID : 14194
旧規格消火器は2021年12月31日までに交換が必要です

消防法令に基づいて設置されている旧消火器は、2021年12月31日までに交換が必要です

消防法令に基づいて消火器の設置が義務付けられている建物等で、2011年1月1日の規格省令改正により既に型式が失効している消火器を継続的に設置できるのは2021年12月31日までです。2022年1月1日以降は、型式が失効した消火器の設置は認められませんので、計画的な交換・リサイクルをお願い致します。

適応火災のマークが文字で表示されている消火器や「設計標準使用期限」が記載されていない消火器は、型式が失効した旧規格のものです。

新旧規格消火器の見分け方の例

製造年が2012年以降のものは「旧規格」の消火器ではありません。製造年が2011年以前のものについて、次の内容を確認してください。

適応火災の表示の白丸黄色丸青丸をチェックしてください

適応火災が「文字」で「普通・油・電気」と表示されていたら「旧規格」の消火器です。

適応火災が「文字」で「普通・油・電気」と表示されていたら「旧規格」の消火器です

適応火災が「絵」で表示されていたら「新規格」の消火器です。

適応火災が「絵」で表示されていたら「新規格」の消火器です

消火器の設計標準使用期限は「おおむね10年」です

見た目が新しく見える消火器でも、長い間設置していると経年で不具合が生じることがあります。

メーカーが推奨する業務用消火器の設計標準使用期限は約10年です。

また、住宅用消火器の有効期間はおおむね5~6年です。

ご家庭に任意で設置している消火器には交換義務はありませんが、当該期限内での交換を推奨します。

製造から10年を経過した消火器は「耐圧性能点検」が必要です

設置が義務づけられている建物(防火対象物)では、製造から10年を経過した消火器に対する「耐圧性能点検(水圧試験)」が義務付けられ、以降3年ごとの耐圧試験が必要です。

なお、消防法令等に基づいて設置が義務づけられている消火器については、耐圧性能点検を実施していても、旧規格消火器にあっては、2021年12月31日までに交換する必要があります。

ガス系消火器(二酸化炭素消火器、ハロン消火器)についても、旧型消火器は2021年12月31日までの交換が必要です。

古い消火器はリサイクルしています

古い消火器は「廃消火器リサイクルシステム」により回収し、メーカーでリサイクルを行っています。

回収した廃消火器は再資源化され有効活用されています。お近くの回収窓口はホームページで検索できます。

消火器の廃棄・リサイクルについてのお問い合わせ先

消火器リサイクル推進センター

電話:03-5829-6773(9時00分から12時00分、13時00分から17時00分・土日祝日・休日を除く)

消火器についてこれらの記事もご参考にしてください

この記事に関するお問い合わせ先

池田市 消防本部 予防課
〒563-0037
池田市八王寺1丁目2番1号
電話:072-754-3511
消防本部予防課へのご意見・お問い合わせ
皆様のご意見をおきかせください。

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
その他を選択された方はその理由を記載してください。